2014年 ゴールデンウィークの天気

tenki.jp / 2014年4月24日 16時12分

日本気象協会は「2014年のゴールデンウィークの天気に関する情報」を発表。GW前半、後半の天気を解説します。お出かけの計画や旅先での服装選びなどにお役立て下さい。


広くお出かけ日和は最初の土日と連休後半

ゴールデンウィーク(GW)最初の土日は高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。南から暖かい空気が入るため、北海道や東北も含めた全国各地で、最高気温が25度以上の夏日の所もあるでしょう。
その後、4月28日(月)~30日(水)は日本付近を低気圧がゆっくり通過するため、曇りや雨の所が多くなる見込みです。本州の太平洋側の地域では、一時的に雷を伴って強く降る恐れもあります。河川の急な増水などにはご注意ください。気温は北海道や東北を中心に急に低くなるでしょう。北海道の山間部では雪の可能性もあります。
5月1日(木)からGWの終わり頃にかけては高気圧に覆われて、晴れる日が多くなる見込みです。気温は平年並みかやや高い日が続き、初夏の陽気を感じられる日も多いでしょう。大気の状態も比較的安定し、にわか雨の可能性は小さいと予想されます。
では、地域ごとの天気の傾向をお伝えします。

【北海道・東北】
・4月26日(土)から27日(日)は晴れて、気温はこの時期としてはかなり高くなる見込みです。屋外で体を動かす方は、半袖でも暑く感じるかもしれません。
・4月28日(月)から5月1日(木)は曇りや雨の所が多いでしょう。気温も急に下がりますので、体調管理にご注意下さい。北海道の山間部は雪の降る可能性もありますので、防寒対策をしっかりし、天候の急変にご注意下さい。
・5月2日(金)以降、GWの終わり頃にかけて晴れる日が多いですが、4日(日)は北海道で弱い雨が降るでしょう。
【関東・東海・北陸】
・4月26日(土)と27日(日)は晴れて、気温も上昇。夏日となる所もある見込みで、日中は半袖でも過ごせるくらいの陽気の所が多いでしょう。
・4月28日(月)から29日(火)は雨で、一時的に強く降る可能性もあります。その後も、5月1日(木)にかけて曇りや雨のぐずついた天気となるでしょう。気温は平年並みの日が多いですが、土日との気温の差が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。
・5月2日(金)以降、GWの終わり頃にかけては、晴れてお出かけ日和となる日が多くなる見込みです。気温は平年並みかやや高く、過ごしやすい日が続くでしょう。紫外線が強いため、対策はしっかりと行いましょう。

【近畿~九州】
・4月26日(土)は晴れて、気温も高くなるでしょう。夏日となる所もある見込みで、日中は薄着でも過ごせるくらいでしょう。
・4月27日(日)から30日(水)にかけてはぐずついた天気で、雲が広がりやすく、雨の降る日もあるでしょう。気温は平年並みの日が多いですが、28日(月)は前日との差が大きいため、体調管理にご注意下さい。
・5月1日(木)以降、GWの終わり頃にかけては、雨の日もありますが、晴れてお出かけ日和となる日が多くなる見込みです。気温はおおむね平年並みで、過ごしやすい日が続くでしょう。紫外線が強いため、帽子や日焼け止めなどで対策をなさって下さい。
【沖縄(南西諸島)】
・4月26日(土)から29日(火)にかけては雲が広がりやすく、28日(月)は雨となる見込みです。その後、30日(水)以降、GWの終わり頃にかけて、晴れる日が多くなるでしょう。気温は平年並みの日が続き、日中は半袖でも過ごしやすいくらいでしょう。紫外線が強いため、晴れた日はもちろん、曇りの日でも紫外線対策を行って下さい。
全国的に最初の土日とGW後半はお出かけ日和の所が多いですが、この時期は紫外線が真夏に匹敵する強さとなっています。屋外でのレジャーの際は紫外線対策を十分に行いましょう。
最新の予報は、下記リンク「GW(ゴールデンウィーク)の天気」も参考になさって下さい!

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング