ゴールデンウィーク後半 関東の半数以上で夏日も

tenki.jp / 2014年5月1日 16時52分

今日の関東は気温が上がり、群馬県の館林は全国1位の気温。都心も夏日一歩手前まで気温が上がりました。ゴールデンウィーク後半は関東のアメダスの半数以上で夏日の日も。

3日 憲法記念日の予想気温

3日 憲法記念日の予想気温

今日は、関東地方は気温がグングン上がりました。午後3時までに群馬県の館林では27度4分まで上がり、全国の1位の気温になっています。前橋なども夏日で、関東のアメダス地点の約2割で夏日でした。東京も24度5分と今年一番上がりました。湿度が高めで、ムシっとした夏を思わせるような陽気でした。
明日も大体晴れて、昼間は気温は上がるでしょう。日中の気温は内陸部を中心に高く、熊谷は27度の予想。東京も25度まで上がって、夏日になるでしょう。今日より気温の上がる所もありますが、今日に比べると空気が乾いていて、カラっとした陽気になりそうです。

この季節を先取りしたような陽気はゴールデンウィーク後半も続きます。3日の憲法記念日はさらに夏日地点が増えて、関東のアメダス地点の約6割で夏日になるでしょう。東京の予想最高気温は26度。6月下旬並みの気温で、日陰を探して歩きたくなるような陽気になりそうです。
暑さが増してくるときに注意したいのが車内の熱中症。車での移動が多い時期ですが、車内は高温になりやすいので、注意が必要です。屋外の気温が23度前後でも、車内の温度は50度くらいまで上がることも。お子さんはもちろん、ペットを車内に残したまま離れるのはやめましょう。
4日以降は季節を先取りしたような暑さは収まり、夏日の所もほとんどないでしょう。この時期らしい快適な陽気に戻りそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング