30度にせまる暑さと、にわか雨

tenki.jp / 2014年5月2日 23時0分

3日は、九州から関東にかけて太平洋側で最高気温が25度以上の「夏日」の所が多いでしょう。
甲府など内陸部は30度にせまるくらいです。
北陸と関東、東北から北海道は、午後はにわか雨があるでしょう。

九州から関東と東北南部は晴れて、行楽日和となりそうです。
最高気温は太平洋側で25~26度くらいとなりそうです。
日差しが強く、この数字以上に暑く感じられるでしょう。
甲府では29度、熊谷は28度と真夏日にせまるくらいです。
福島でも27度など、東北南部でもかなり気温の上がる所があるでしょう。
ゴールデンウィークで、車を使ってお出かけになる方が大勢いらっしゃると思います。
車の中はかなり高温になりますので、冷房を使い、こまめな水分補給を心掛けましょう。
また、スポーツに汗を流す方も水分をしっかりとってください。

一方、東北北部や北海道は雲が広がりやすく、
東北北部は昼過ぎから夕方に、北海道は夕方から夜は一時的に雨が降りそうです。
これは日本海から進んでくる前線の影響によるためです。
札幌や函館は1日に桜が満開になり、東北北部でも桜が見頃となっている所があります。
午後のお花見は空模様に注意してくださいね。
東北南部や北陸、関東も前線や上空の寒気の影響で、午後は所々でにわか雨があるでしょう。
右やや上の図は、3日の予想天気図と上空の寒気の様子。
水色で塗りつぶされた範囲の南縁が上空5500メートル付近でマイナス18度の線です。
これが午後になると、本州付近に南下してきて、暑い地上との間で気温の差が大きくなり、
大気の状態が不安定になります。ですから、にわか雨があるのです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング