天気予報 晴れに隠れた傘マーク

tenki.jp / 2014年5月7日 15時18分

週間天気予報では、関東から西では11日(母の日)まで晴れマークがズラリ。でも、同じ晴れマークでも、傘マークが隠れんぼしている日があります。

5月8日(木)の関東の天気・降水確率

5月8日(木)の関東の天気・降水確率

きょうの関東は広く晴れて、快適な陽気となりました。にわか雨の心配のない「晴れ」でした。ただ、安定した晴天は、実はきょうまで。あす以降は、天気予報に同じ「晴れ」マークが並んでいても、傘マークがひそんいるので要注意。天気予報をチェックする際は、マークだけに注目せず、降水確率も合わせてご覧ください。30%とやや高くなっている所では、にわか雨や雷雨の可能性があります。

5月9日(金)の関東の天気・降水確率

5月9日(金)の関東の天気・降水確率

8日から9日にかけては、大気の状態が不安定となるので、晴れマークが並んでいても、雨の降る可能性を秘めています。9日の降水確率を見ると、30%の所が、前の日よりさらに多くなっています。天気マークだけを見比べれば8日と印象は変わりませんが、9日の方が雨の降りやすい範囲が広くなっていることが分かります。
携帯などで天気マークを見るだけでは、隠れた傘マークになかなか気づくことができませんね。折りたたみ傘が必要なのか、洗濯物は干したままでも大丈夫なのか等を確認したい時は、お出かけ前に、tenki.jpで「降水確率」をチェックしてください。


降水確率30%って?

ちなみに、降水確率30%というのは、過去の統計で、雨が降るという予報を100回だしたら30回くらいは降ったよ、という意味で、雨の降る強さや範囲、降り続く時間の長さなどは関係ありません。「一ミリ以上の雨が降る」ことを「雨が降る」というので、100%でも短い時間に弱い雨が降ることもあれば、30%の予報といえども、急にザッと強く降ったりする可能性があるのです。降水確率が30%とやや高いときは、雨具があると安心です。天気予報を利用する際は、突然の雨や雷雨に慌てないよう、「降水確率」も是非お役立てくださいね。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング