14日は北陸・東北でも真夏日

tenki.jp / 2014年5月13日 22時54分

13日、全国で最も暑かったのは山梨県甲府。最高気温は31度でした。今年初の真夏日になるなど、関東から西では内陸を中心に気温が上昇しました。14日は関東から近畿は、さらに暑さの増す所が多くなりそうです。東北や北陸も日差しやフェーンの影響で気温がグングン上がり、真夏日の所もあるでしょう。夏のような暑さが収まるのは15日からとなりそうです。

14日 予想最高気温 近畿・東海

14日 予想最高気温 近畿・東海


近畿・東海は28度前後

大阪は28度と、13日より3度くらい高くなり、6月中旬並み。京都や奈良は29度と真夏日一歩手前です。
朝晩と昼間の気温の差が大きくなります。外出する時間に合わせて、服装をお選び下さい。
名古屋や岐阜は28度で、13日と同じくらいでしょう。


北陸・東北も気温上昇

朝からたっぷりの日差しを受けて気温はグングン上がりそうです。フェーンの影響もあって富山は30度。福島では31度と、いずれも真夏日の予想です。今年一番の暑さとなりそうです。まだ暑さに慣れていませんので、熱中症にかかりやすくなります。こまめな休憩や水分をとるようにしましょう。

14日 予想最高気温 北陸・東北

14日 予想最高気温 北陸・東北


車内の熱中症

車内での熱中症事故は真夏の炎天下よりも、この時期に多く発生する傾向があります。エアコンをつけていたとしても、エンジンがとまったり、日陰に車を停めても、陰の位置が変わってしまうことがあります。買い物など、短い時間でも、子供はもちろんのこと、ペットも車の中へ残すことは避けて下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング