関東 傘のさしづらい雨に

tenki.jp / 2014年5月26日 14時20分

関東は風の強い状態が長引いて、沿岸部では帰宅時間に一部で交通機関が乱れる可能性も。夜には傘のさしづらい雨となるので、できれば雨の降りだす前に帰宅したいところです。

きょう午後12時 関東の風

きょう午後12時 関東の風

関東は午後になってから風が強まってきました。アメダスで関東の風の様子を見ると、沿岸部を中心に10メートル以上の風(黄色の矢印)が吹いているのが分かります。この南風の強い状態は、このあと日付が替わる頃まで、長く続く見込みです。夜には雨が降り出しますが、傘をさしてもあおられそうです。沿岸部を運転する車は、ハンドルをとられることも。沿岸部の一部では、交通機関に乱れが出る可能性もありますので、可能な方は、雨が降りだす前に帰宅したいところです。雨の降り出しを、千葉市を例に見てみましょう。

きょう・あすの千葉市のポイント予報

きょう・あすの千葉市のポイント予報

雨マークは夜9時以降。風の強く吹いているところに雨が降り出し、明け方まで降り続く見込みです。雨は強く降ることはありませんが、傘をさしていても衣服や足元が濡れてしまいそうです。(都心の雨は、夜のはじめ頃、一時的に降る見込みで、降り方としては弱い雨でしょう。) 雨の降る時間に差はあっても、風の強い状態は各地で長引きそうです。傘がさしづらい状態となるので、雨が降りだす前の早めの帰宅がおすすめです。


あす27日は、天気が回復するが不安定

今夜降りだす雨は、あすの明け方には止む見込みで、あすはいったん天気が回復しそうです。関東地方は雲が多めながら、昼頃は晴れ間もあるでしょう。ただ、日差しが戻っても、油断禁物。午後は所々でにわか雨や雷雨がありそうです。あすは、お出かけの時間に雨が止んでいても、折りたたみ傘などの雨具をお持ちください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング