関東でも今年初めての猛暑日

tenki.jp / 2014年6月1日 13時3分

きょうも列島各地で厳しい暑さ。群馬県館林市では、関東で今年初めて猛暑日になりました。6月に入りましたが、6月上旬でも猛暑日が出現するのは少なく、数年に一度程度です。

6月1日 全国のアメダス(気温の実況)

6月1日 全国のアメダス(気温の実況)


群馬県館林市で猛暑日

九州から東北は朝から強い日差しが照りつけ、午前中から速いペースで30度を超えてきました。群馬県館林市では12時43分に35度まで上がり、関東で今年初めての猛暑日となりました。関東の初猛暑日としてはアメダスの整備が進んだ1978年以降で3番目に早い観測です。
日傘や帽子で強い日差しをよけたり、こまめな水分補給や休憩をしっかりとるなど熱中症対策は万全にしてください。急ぎの用事のない方は、不要な外出はなるべくさけて、涼しい所で過ごされた方がよさそうです。


今週前半は北海道で記録的な暑さか

この猛暑日ですが、6月上旬でも出現するのは数年に一度程度!
それほど暑いということですが、5月と6月では特徴が少し変わります。5月は猛暑日地点が関東や九州に集中していて、地点数も10地点未満ですが、6月に入ると沖縄から北海道まで、全国で発生し始めます。
ただ、それにしても今週は北海道で、異例の暑さになりそうです。火曜日と水曜日は札幌で32度と予想されています。この原因は関連リンクにある、榊原予報士の解説「真夏日地点数、5月の過去最多を記録した理由」をご覧ください。
今週は九州から関東では、西から次第に天気が崩れて、少しずつ気温は下がっていきますが、そのかわりに湿気が多くなります。引き続き、熱中症対策は万全にしてください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング