今週の天気 全国的に週の中頃まで雨

tenki.jp / 2014年6月8日 15時12分

全国的に、月曜日以降も曇りや雨の所が多い予想。梅雨入りしたとたんに、6月としては記録的な大雨になった関東では、週明けも傘の出番が続きそうです。

6月の第一週は、気象庁は続々と梅雨入りを発表し、
これで梅雨のない北海道を除く全ての地方で、今年も雨の季節が訪れました。
この先の天気ですが、傘の出番の続く所が多くなりそうです。
詳しくみていきますと…

【9日(月)】
梅雨前線が北上するため、
沖縄は、明け方までカミナリを伴って、激しい雨の降る所があるでしょう。
一方、本州付近には湿った空気が流れ込み、上空には寒気が流れ込んできそうです。
九州から北海道にかけては、8日よりもさらに大気の状態が不安定になるでしょう。
特に、中国地方や近畿、北陸を中心に、
あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。
落雷や突風、短い時間に強く降る雨に、注意が必要です。
傘マークのない福岡などでも、にわか雨にお気をつけ下さい。
【10日(火)~】
梅雨前線がさらに北上して、前線上を低気圧が東へ進むため、
週の中頃にかけて、曇りや雨の所が多いでしょう。
上空の寒気の影響を受けるので、大気の不安定な状態が続きそうです。
寒気が抜けて、次に全国的に晴れるのは、日曜日頃になるでしょう。


関東は 9日も局地的に激しい雨

5日~7日にかけて、
6月としては記録的な大雨になった関東甲信地方では、
8日は、雨の降り方は弱まりましたが、
それでも所々に雨雲がかかりました。
ただ、大気の不安定な状態は、9日も続きそうです。
9日も、雨が降りやすく、
北部では、午後は局地的にカミナリを伴って激しく降るでしょう。
関東では、神奈川県箱根町など
5日からの総雨量が400ミリを超えている所もあります。
雨が弱まった所でも、斜面や増水した川には近づかないようにして下さい。


関東の雨 木曜日頃まで

その後、10日間予報を見てみますと…
関東の雨は、木曜日頃まで続く予想です。
金曜日と土曜日は曇りマークですが、降水確率は40%。
引き続き、梅雨らしい天気となるでしょう。
この先は、ジメジメムシムシした状態が続きます。
雨への注意だけでなく、食品の管理にも、十分お気をつけ下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング