都内に雨雲 関東は夜まで急な雨に注意

tenki.jp / 2014年6月23日 14時2分

関東地方は大気の状態が不安定で、東京都内でも雨雲がわきはじめています。今夜遅くにかけても平野部を含め、いつどこで雨が降ってもおかしくありません。急な激しい雨に注意を。

関東・甲信地方の雨雲のようす(レーダー)

関東・甲信地方の雨雲のようす(レーダー)


平野部でも雨の所あり

きのうは広く雨が降り、梅雨空となった関東地方。きょうは朝から日差しが届いて気温が上がっています。一方で、上空には寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定になっています。千葉県や神奈川県など平野部でも昼前から局地的に雨雲がわいていました。
午後2時現在、南部の所々にやや発達した雨雲があり、東京23区でも世田谷区や目黒区などで雨の降っている所があります。雨雲は山から流れてきているのではなく、平野部でも急にわきはじめています。今夜遅くにかけては、山間部・平野部に限らず、いつどこで雨雲がわいてもおかしくありません。ポツポツ雨が降りだしたかと思えば、あっという間にザーッと強まることも。場所によっては土砂降りや激しい降り方となり、道路が川のようになることもあるでしょう。風が強まってきた、空が急に暗くなってきた、ゴロゴロとカミナリの音が聞こえてきた、というのは「まもなく雨が降りますよ」というサインです。屋外で活動している方は空の様子に気を配りましょう。


あすは、より広い範囲で、早い時間から激しい雨

あすは、きょうよりさらに大気の状態が不安定になります。きょうより雨の降る範囲が広がる可能性があり、降りだす時間も全体的に早め。昼ごろからは、あちらこちらで雨が降りだして、強まったり弱まったりしながら降り続きそうです。雷雲まで発達する可能性もきょうより高くなり、降り方がより激しくなることも。きょう、雨に降られなかったとしても、あすは雨具が必要です。朝、でかける時に雨が降っていなくても、大きくしっかりした傘をお持ちくださいね。

24日の関東・甲信の天気予報と降水確率

24日の関東・甲信の天気予報と降水確率

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング