全国週末天気 広く梅雨空

tenki.jp / 2014年7月3日 23時25分

日曜日にかけて、九州から東北南部では広い範囲で梅雨空が続きそうです。一方、東北北部や北海道は、おおむね晴れて、最高気温は平年を上回る所が多いでしょう。


九州から東北南部

◆4日(金)は激しい雨の降るエリアは東へ進む見込みです。九州から近畿は次第に雨はやみ、晴れ間のでる所もありそうです。東海地方や関東甲信では、朝まで局地的に激しい雨の降るおそれがあります。通勤・通学の時間帯と重なるため、交通機関への影響にお気をつけ下さい。また、傘を差しても足元や服が雨で濡れてしまいそうです。外出にはレインブーツやレインコートがあるとよいでしょう。
4日18時までの24時間に予想される雨量は多い所で、
東海地方 200ミリ
関東甲信地方 150ミリの見込みです。
低い土地の浸水、川の増水、土砂災害に警戒して下さい
◆5日(土)~6日(日)
九州から近畿にかけては、曇り空が続く見込みです。北陸や東海、関東は雨雲がかかりやすく、お出かけには傘が必要になるでしょう。東北南部もスッキリしない天気が続きそうです。
◆最高気温はほぼ平年並み
平年並みの所が多いでしょう。東海から九州にかけては30度前後まで気温が上がりそうです。湿度が高いため、蒸し暑さが続きそうです。熱中症にかかりやすくなりますので、こまめに水分や休憩をとるようにしましょう。北陸や関東は27度前後の予想です。こちらも昼間はムシムシするでしょう。


東北北部 北海道

◆4日(金)~6日(日)
こちらは、晴れのマークが目立っています。4日は一部で、にわか雨があるものの、広く晴れる見込みです。5日(土)と6日(日)はおおむね晴れて、まずまずのお出かけ日和となりそうです。この時期は日差しが強いため、日傘や帽子など、紫外線対策が必要でしょう。
◆最高気温は平年よりも高い
4日(金)の最高気温は札幌は27度で8月上旬並み。東北北部では30度と平年を5度以上も上回りそうです。6日(日)も平年を上回る所が多く、暑さが続くでしょう。体調管理には十分にご注意下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング