発達中の台風8号 本州に近づく可能性

tenki.jp / 2014年7月5日 23時7分

台風8号が発達しながら北上しています。8日(火)には沖縄に接近し、その後は進路を東寄りに変えて本州に近づく恐れがあります。6日(日)は梅雨前線の影響で九州から近畿にかけて雨が降りますが、週明け以降は台風による暴風・高波、大雨に警戒が必要です。

台風8号の予想進路図(5日午後9時現在)※9日、10日の予報円は加筆

台風8号の予想進路図(5日午後9時現在)※9日、10日の予報円は加筆


非常に強い台風8号「ノグリー」 現在の予想進路は?

4日午前9時、マリアナ諸島で発生した台風8号。韓国が用意した名前は「ノグリー」で、日本語の意味は「たぬき」。5日午後9時現在、中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は毎秒45メートルで、一時間に20キロの速さで北西へ進んでいます。上の進路図にもありますように、台風は今後、発達しながら北上し、7日午後9時には非常に強い勢力のまま沖縄の南、8日午後9時には沖縄本島近海に達する見込みです。沖縄では7日から8日にかけて、暴風・高波、大雨に警戒が必要です。
また、台風はその後、進路を次第に東寄りに変えて、9日には九州の西、10日には中国地方に達する見込みです。週明け7日(月)以降は西日本から東日本の広い範囲で大荒れの天気になる可能性がありますので、下記リンクの「台風情報」を参考にして、進路予想など情報をチェックするようにしてください。


6日(日)は梅雨前線の雨 九州から近畿まで

6日は台風本体による雨はありませんが、西から九州付近に延びる梅雨前線の影響で、九州は雨。午後は雷を伴い激しく降ることもありますので注意が必要です。中国・四国も雲が多く、夕方からは所々で雨が降りそうです。雨の範囲は夜遅くには近畿まで広がるでしょう。お出かけの時間にあわせて傘をお持ちください。東海から北海道にかけては日差しがありますが、東海から東北南部は大気の状態が不安定になりそうです。午後を中心に急な雨や雷雨の可能性がありますので、念のため折り畳み傘があると安心です。

6日(日)の全国の天気

6日(日)の全国の天気

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング