台風と梅雨前線の大雨に警戒

tenki.jp / 2014年7月9日 7時43分

今朝はまとまった雨雲が沖縄から九州付近と北陸・東北付近の2つの場所で見られます。前者が台風本体によるもので、後者が梅雨前線によるものです。今日は九州・四国と北陸・東北で大雨に警戒して下さい。

9日午前6時の雨雲の様子

9日午前6時の雨雲の様子


台風8号 影響が長引くおそれ

台風8号は本州のやや南を進む予想に変わってきました。それでも本州付近を沿うように進む可能性が高いことに変わりはありません。台風8号は今日の午後に進行方向を東寄りに変え、明日の昼前後には九州に最も接近します。台風の速度は午前6時現在で時速20キロと自転車並みですが、このあとも速度をあまり速めることなく進む見込みです。台風の影響が長引くおそれがあります。

台風8号の今後の予想進路

台風8号の今後の予想進路


沖縄で記録的な大雨 九州や四国も大雨に

今朝は台風本体の雨雲が沖縄・九州を中心に広がっています。那覇市では24時間雨量が300ミリを上回り、7月としては1位の値を更新するなど、記録的な大雨となっている所もあります。この雨雲は次第に四国にもかかってきます。今日は特に九州南部や四国の太平洋側の地域で雨量が多くなり、明日以降はさらに雨量が増えそうです。自治体からの避難勧告や指示などに従い、速やかに避難できるようにしておきましょう。


東北・北陸も大雨警戒

台風の北上に伴い、梅雨前線も本州付近を北上しています。今朝は新潟や東北南部では発達した雨雲に覆われ、土砂災害警戒情報が発表されるなどすでに大雨となっています。このあとも前線の活動は活発で東北北部も昼ごろから激しい雨が降りそうです。北陸も大気の状態が非常に不安定で、局地的に激しい雨や雷雨がありそうです。東北や北陸は大雨に警戒して下さい。

9日午前3時の天気図

9日午前3時の天気図

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング