首都圏にカミナリ雲が発生

tenki.jp / 2014年7月11日 16時47分

日射と台風が残していった暖かく湿った空気で厳暑。群馬県館林の最高気温38度と体温並み。首都圏は大気の状態が不安定で所々に雷雲が発生。東京23区も急な雷雨に注意。

カミナリ雲発生(11日16時半前)

カミナリ雲発生(11日16時半前)

台風8号が残していった暖かく湿った空気は厳しい暑さをもたらしました。
群馬県の館林は38度まで上がり、体温並みの猛烈な暑さです。
東京都心も34.2度と今年一番の暑さになりました。
暖かく湿った空気と厳しい暑さの影響で、首都圏は大気の状態が不安定になっています。
局地的に活発な雨雲、カミナリ雲が発生しています。
※上の写真は、右側に東京スカイツリーが写っていますが、左側には黒い雲が写っています。
今夜にかけて、急な雨、落雷、突風などにご注意下さい。
雨はかなり狭い範囲(局地的)で、短い時間でやむ雨です。
ただし、短い時間でもザーッと激しく降ることもあるでしょう。
また、カミナリを伴ったり、竜巻などの激しい突風、ヒョウなどにも注意が必要です。
時間に余裕がある場合は、
活発な雨雲が通り過ぎるまで雨宿りをするのが良さそうです。
空が急に暗くなったり、突風が吹いたり、カミナリの鳴る音がきこえたら
活発な雨雲が近づいている合図です。
ただ、夜は暗くなるため、発達した雲が近づく様子を、空を見て判断するのが難しくなります。
カミナリの鳴る音、突風などから判断し、早めに避難をして下さい。
※下の写真は、黒い雲から地上までの雨脚の様子がよくわかります。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング