全国不安定 関東も帰宅時刻には雷雨

tenki.jp / 2014年7月14日 8時33分

今日は、九州から東海、北陸で午前を中心に雨や雷雨。今朝は晴れ間のある関東も、午後は平野部も含め所々でにわか雨がある見込みです。梅雨の雨というより、夏の夕立に近い雨の降り方。降る時間は短いものの、局地的に激しい雨になる所もあるでしょう。今日は晴れ間がでて暑くなるほど、雨に対して油断できません。

午前8時ごろの雨雲の様子

午前8時ごろの雨雲の様子


九州から東海は午前を中心に雨 日中に晴れ間がでれば、もうひと雨

今朝は、九州南部や近畿でどしゃ降りの雨になった所がありました。
梅雨前線に近い九州は、このあとも雨の降り方に要注意。東シナ海から活発な雨雲が近づいており、午後も強い雨の降る所がありそうです。
四国から東海では、雨は昼ごろにはいったんやむ所が多いでしょう。ただ、湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態は引き続き不安定。日の差す時間が長くなるほど、もうひと雨ある可能性が高くなります。いったん晴れ間がでても、今日は急な雨に油断できません。


関東も午後は雨、激しい雨の可能性も

今朝の関東は日が差していますが、午後は天気の急変に要注意。雨雲のもとになる湿った空気がたっぷりで、気温の上がる午後は、あちらこちらでにわか雨があるでしょう。雨の降る時間は長くはないものの、急に強く降ったり、雷を伴うような降り方になる見込みです。昼間に蒸し暑くなればなるほど、激しい雷雨になる可能性が高くなります。帰宅時刻に雷雨にあってしまったら、無理に先を急がず、1~2時間雨宿りをするのも良さそうです。


北海道は東部を中心に雨

北海道まで暖かく湿った空気が入るため、局地的に雨雲が発生する見込みです。特に雨が降りやすいのは、北部と東部です。天気の急な変化にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング