夏休みの天気 西日本を中心に猛暑

tenki.jp / 2014年7月16日 14時41分

日本気象協会は、2014年の夏休みの天気傾向を発表。関東から九州、沖縄は平年に比べ晴れて暑い日が多く、2010年から5年連続の猛暑となる可能性も。北海道や東北は天気が数日の周期で変わり、曇りや雨の日が多くなるでしょう。

夏休みの天気傾向(7月16日 日本気象協会発表)

夏休みの天気傾向(7月16日 日本気象協会発表)


エルニーニョは秋以降 今年も暑い夏に

九州南部はきょう梅雨明けし、沖縄や奄美に続いて本格的な夏を迎えました。そろそろ夏休み。日本気象協会では、今年の夏休み(7月下旬~8月)の天気傾向を発表しました。
最新の予測では、エルニーニョ現象の発生は秋にずれ込む可能性が高くなりました。今年の夏は太平洋高気圧の勢力が平年より強まり、関東から沖縄にかけての広い範囲で、晴れて暑い日が多くなるでしょう。夏休み前半(8月8日頃まで)の気温は平年に比べて高く、後半も西日本(九州~近畿)を中心に平年に比べて高い日が多くなる見込みです。今年もまた暑い夏となる可能性があり、西日本を中心に5年連続の猛暑となるおそれがあります。屋外でのレジャーはもちろん、屋内でも熱中症対策を万全にしましょう。北海道や東北は、平年に比べて曇りや雨の日が多くなるでしょう。気温は平年並みですが、日によって気温の変化が大きくなりそうです。


熱中症対策のポイント 子どもはさらに暑い!

熱中症は、時には命を奪う危険な症状ですが、予防することができます。ただ、子どもは自分で予防ができないので、大人が気をつけてあげなくてはなりません。また、子どもは背が低いため、地面近くの高温にさらされます。子どもは大人よりも暑い空間にいるのです。「自分はまだ大丈夫」ではなく、お子さまの様子をこまめに観察することが大切です。
今からできる熱中症予防は、「しっかり栄養・たっぷり睡眠」。お出かけの際は「吸湿性・通気性の高い素材の服・帽子を着用」、「ドリンクを持ち歩く」。レジャーの際は「定期的に休憩」、「のどが渇く前に、こまめに水分補給」。tenki.jpの熱中症情報や紫外線情報もチェックしてくださいね。


天気の急変に備えて

天気予報で「大気の状態が不安定」というキーワードがあったら、天気の急変に要注意。例えば、川で遊んでいる時、その場所では雨が降っていなくても、上流で降った雨により、川の水かさが急に増すことも。天気の変化に注意が必要な日は、tenki.jpの雨雲レーダーをこまめに確認するとよいでしょう。厳しい暑さや天気の急変に向けた対策をしっかり行って、楽しく快適な夏休みをお過ごしくださいね。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング