1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

23日 本州付近にまた前線 局地的に滝のような雨 台風12号の影響続く

tenki.jp / 2021年8月23日 7時30分

メイン画像

きょう23日(月)は、本州付近を前線が南下。局地的に滝のような雨。台風12号は沖縄から離れますが、風がやや強いでしょう。

台風12号 北上

画像A

台風12号は、きょう23日(月)午前6時現在、東シナ海にあって、1時間に25キロの速さで北に進んでいます。中心気圧は996hPa、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。
沖縄からは台風が離れますが、風の強い状態が続くでしょう。波も高く、天気の急変にもご注意下さい。
台風12号は東シナ海を北上し、あす24日(火)午前6時には朝鮮半島付近へ。その後、日本海へ進み、温帯低気圧に変わる予想です。ただ、日本海に進んだあと再び発達して、雨や風の強まる範囲が広がるでしょう。今後も最新の情報をご確認下さい。

局地的に滝のような雨

画像B

一方、本州付近には前線がのびて、きょう23日(月)夜には山陰から関東付近まで南下。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続くでしょう。局地的に発達した雨雲や雷雲がかかり、すでに1時間に50ミリ以上の滝のような「非常に激しい雨」が降った所もあります。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所では、土砂災害に厳重な警戒をして下さい。
九州から関東は、夜にかけて雨雲が発達しやすいでしょう。九州など日の差す所もありますが、急にザッと強い雨が降りそうです。短い時間でも、激しい雨が降るため、道路がアッという間に川のようになるおそれもあります。
北陸や東北は局地的に大雨となっていて、道路が冠水している所もあります。大雨は朝にかけてがピークですが、東北の太平洋側は夕方まで激しい雨の降る所があるでしょう。雨が弱まっても崖や川などには近づかないようにして下さい。北海道は太平洋側を中心に雨が降りそうです。

蒸し暑さが続く

画像C

最高気温は、沖縄や九州から関東では広く30度以上の真夏日予想です。湿気が多く、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。北陸や東北は30度前後。きのうより低い所もありますが、熱中症に注意が必要です。
北海道は25度前後の所が多く、きのう真夏日となった旭川なども暑さが和らぐでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング