1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

25日 日本海側で大雨 土砂災害に厳重警戒 愛知など8県に熱中症警戒アラート

tenki.jp / 2021年8月25日 7時19分

メイン画像

きょう25日(水)は日本海側を中心に雨。九州北部や東北北部では、けさにかけて大雨となっている所があり、土砂災害に警戒を。日差しがある地域では、熱中症のリスクが高まります。

東北を中心に大雨

画像A

きのう24日(火)台風12号から変わった低気圧が日本海を北東に進み、前線が日本海や東北付近にのびています。九州北部や東北を中心に発達した雨雲がかかり、きょう25日(水)午前7時までの12時間降水量は秋田県藤里町で94.5ミリと、わずか半日で100ミリ近い(平年8月のひと月分の約4割)雨量となっています。台風から変わった低気圧が持ち込む「熱帯由来の暖かく湿った空気」は大雨や暑さをもたらすでしょう。
きょう25日(水)は九州北部から北陸の日本海側や、東北と北海道は断続的に雨。局地的に激しい雨が降るでしょう。九州北部や東北北部は、昼頃になると雨の降り方は弱まってきますが、これまでに降った大雨で地盤が緩んでいる所があります。土砂災害には厳重な警戒をして下さい。
あす26日(木)午前6時までの24時間に予想される雨の量(多い所)は、北海道、北陸、九州北部で100ミリ、東北は80ミリとなっています。低い土地の浸水、川の増水や氾濫にも警戒して下さい。

晴れる所もにわか雨

画像B

その他の地域も大気の状態が不安定です。関東甲信はすっきりしない天気で、所々で雨が降るでしょう。東海から九州南部の太平洋側は日差しがありますが、局地的に雨雲が湧きそうです。山沿いを中心に、午後は雷を伴って激しい雨が降る所もあるでしょう。晴れていても、天気の急変にご注意下さい。

熱中症に警戒を

画像C

最高気温は、きのう24日(火)と同じくらいの所が多いでしょう。広く30度以上の真夏日になるのは、沖縄や九州から関東甲信。東海から西ではきのうより高い所もあり、蒸し暑さが増しそうです。
熱中症警戒アラートが、鹿児島県、宮崎県、熊本県、大分県、徳島県、和歌山県、三重県、愛知県に発表されています。ムシッとした空気に日差しが加わって、肌にまとわりつくような蒸し暑さになるでしょう。こまめに水分をとり、汗をかいたら適度に塩分もとって下さい。また無理をせず、冷房のきいた涼しい場所でお過ごし下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング