3連休 初日最も不安定 広く雷雨に

tenki.jp / 2014年7月18日 23時3分

連休中の外のレジャーは初日の19日(土)が最も注意!! 去年のこの時期、突然の豪雨で中止になった隅田川花火大会が記憶に残っている方もいらっしゃるでしょう。19日も夕方頃を中心に全国的に雨や雷雨となり、局地的には激しく降ることもある見込みです。

19日(土)全国の天気と降水確率

19日(土)全国の天気と降水確率


大気の状態は初日が最も不安定 外のレジャーは十分に注意を!!

19日(土)は、本州上空にこの時期としては強い寒気が入り、地上付近は南から湿った暖かい空気が流れ込みます。上図の天気予報にもあるように、全国的に雲が多く、あちらこちらで雨や雷雨があるでしょう。
降水確率も40%から60%と高い所が多くなっています。
九州では晴れ間がみられますが、変わりやすい天気です。こちらでもザッと急に雨の降り出す所がある見込みです。
特に気温が上がる午後は大気の状態が非常に不安定になりますので、全国的に天気の急変に注意が必要です。突然の激しい雨や落雷、突風、ヒョウなどに警戒してください。
去年のこの時期も、たびたび局地的な大雨があり、隅田川の花火大会が中止になるなど大きな影響がでました。連休中、山や海、川のレジャーを計画されている方は、19日(土)は特に注意が必要です。
激しい雨でずぶ濡れになり、帰宅が困難になることのないよう空模様の変化には十分にお気をつけください。川の急な増水にも注意が必要です。


20日(日)はまだ不安定 レジャーは21日(月)がオススメ

20日(日)も東日本や北日本の上空には寒気が残ります。19日ほどではありませんが、まだ大気の状態は不安定です。特に東海から北海道にかけては急な雷雨にご注意ください。
21日(月)海の日になると、西から高気圧に覆われて、広い範囲で強い日差しが戻りそうです。連休のお出かけは最終日がオススメ。雷雨は山沿い中心になりますので、特に海のレジャーは楽しめそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング