関東甲信や東北 激しい雨 ひょうも

tenki.jp / 2014年7月19日 22時59分

20日も日本付近は大気の不安定な状態が続きます。特に関東甲信や東北は午後を中心にバケツをひっくり返したような雨、そして「ひょう」の降る恐れ。落雷や突風にも注意。


関東甲信や東北 非常に不安定

20日の天気マークを見ると、東京や仙台、釧路に傘マークがありますね。
特に関東甲信や東北地方は大気の非常に不安定な状態が続きます。
湿った空気や上空の寒気の影響に加え、気温の上がる午後は上空の気圧の谷が通過します。
そのため、午後を中心に活発な雨雲や雷雲がかかるでしょう。
局地的に非常に激しい雨が降り、ひょうの降る恐れもあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水や氾濫に警戒してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。


晴れマークの裏側には

右は20日午前9時の予想天気図です。
九州の西には高気圧の中心があり、千島近海にも高気圧が見られます。冒頭の全国天気の天気マークを見ると、九州から北陸、北海道に晴れマークが見られますね。ただ、このマークにだまされてはいけません。関東甲信や東北ほどではないものの大気の状態が不安定です。晴れマークのでている所でも、マークの裏側には傘マークが隠れていると思ってください。昼ごろからは山沿いを中心とした所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。空模様の急な変化にお気をつけください。


21日 海の日は日差しに恵まれる

21日は晴れる所が多く、3連休の中では一番のお出かけ日和になるでしょう。
九州から北海道にかけて広く晴れ間がでそうです。
にわか雨の範囲は狭いでしょう。ただ、山のレジャーは急な雨に注意が必要です。
一方、沖縄は台風10号からのうねりが入るため、こちらは海のレジャーに注意してください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング