1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

31日(火)頃まで猛烈な暑さ 9月に入ると残暑は落ち着く? 2週間天気

tenki.jp / 2021年8月29日 14時21分

メイン画像

31日(火)頃までは広く晴れて、猛烈な暑さの続く所があるでしょう。9月に入ると曇りや雨の日が多くなり、極端な暑さはない見込みです。北海道や東北では低気圧の影響で9月3日(金)頃は雨や風が強まりそうです。最新の気象情報に注意が必要です。

30日(月)~31日(火) 日差し強烈 猛烈な暑さ続く

画像A

30日(月)は、本州付近は高気圧に覆われ、広い範囲で強い日差しが照り付けるでしょう。ただ、北海道から関東北部、北陸を中心に上空には寒気(上空5500メートル付近で北海道や東北でー9度以下、関東北部や北陸でー6度以下、平年並みか平年よりも冷たい空気)が流れ込み、一方で地上は気温が上がるため、大気の状態が不安定になりそうです。所々で雨や雷雨になり、東北南部や関東北部ではバケツをひっくり返したような激しい雨が降ることもあるでしょう。急な激しい雨や落雷、突風などにご注意下さい。
31日(火)も本州付近は引き続き、高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。ただ、関東では気圧の谷の影響で、雨が降りやすく、午後を中心に本降りになる所もありそうです。
最高気温は30日(月)は九州から関東を中心に、31日(火)は九州から東海を中心に35度前後まで上がる所があるでしょう。猛烈な暑さが続きますので、こまめに水分を補給する、適切に冷房を使うなど、万全な熱中症対策を行ってください。

9月1日(水)~5日(日) 極端な暑さはないが残暑は続く 3日(金)頃は北海道や東北を中心に雨風強まる

この期間は、低気圧や前線の影響で次第に曇りや雨の所が多くなるでしょう。特に3日(金)頃は低気圧が発達しながら、日本海から北海道、東北付近に接近、通過する見込みです。このため、北海道や東北を中心に雨や風が強まるでしょう。また、関東から九州でも低気圧から延びる前線の影響で雨が降りやすい見込みです。低気圧や前線の位置や動きによっては雨や風の強まる地域、タイミングが変わりますので、最新の気象情報をご確認ください。
最高気温は平年並みか低い所が多くなり、猛烈な暑さは落ち着くでしょう。それでも、九州から関東を中心に日中は30度前後まで上がる所があり、残暑が続く予想です。一方、朝晩は東北や北海道を中心に気温が20度を下回る日もあり、秋の空気を感じられるでしょう。

9月6日(月)~9月11日(土) 残暑が落ち着いても一時的

画像C

この週は、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。6日(月)と7日(火)は九州から東北は晴れ間もありますが、雲が広がりやすいでしょう。所々で雨雲がかかりそうです。気温は最低、最高ともに平年並みか低く、日中は30度に届かない所が多いでしょう。
8日(水)以降は雨の範囲が広がりますが、再び残暑が戻ってきます。最高気温は九州から関東は平年並みか高く、30度以上の真夏日になる所も。また、最低気温も平年並みか高く、夜は寝苦しく感じられる日もあるでしょう。一方、東北や北海道は最高気温、最低気温ともに平年並みか低いでしょう。日中の気温は20度前後の日が多く、雨で少しヒンヤリと感じられることもありそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング