中国・四国で梅雨明け

tenki.jp / 2014年7月20日 11時10分

きょう20日午前11時、中国地方と四国地方の梅雨明けが発表されました。

★中国・四国は夏空★

★中国・四国は夏空★

梅雨明けはおおむね平年並み。詳細は以下の通りです。
★中国
平年(7月21日頃)より1日早く、昨年(7月8日頃)より12日遅い
梅雨の期間(6月4日~7月19日)の総雨量は
広島で401.5ミリと、平年(426.2ミリ)よりやや少ない。
★四国
平年(7月18日頃)より2日遅く、昨年(7月8日頃)より12日遅い
梅雨の期間(6月3日~7月19日)の、高松の総雨量は123ミリと、平年(249.1ミリ)より少ない。
広島も高松も、梅雨の時期の雨の量は、この時期の平年値より少なかったものの、
その一方で、高知県の清水や宿毛は、雨の量がかなり多くなりました。
局地的な大雨による被害を受けた地域があった反面、
降らない所では降らない、と
雨の降り方に大きな偏りがあった梅雨でした。

★晴れても急な雨に注意★

★晴れても急な雨に注意★


◆梅雨明けした所も、急な雨、落雷や突風に注意!!

上空には寒気は居座っていて、昨日に続いて大気の状態は不安定です。
特に、北陸地方では、昨夜から今朝にかけて発達した雨雲がかかりました。
富山県の魚津市で1時間83ミリの猛烈な雨を観測するなど、
局地的に大雨となり、地盤の緩んでいる所や、増水している川もあります。
北陸地方の天気は回復に向かっていますが、
しばらくは崖や急な斜面、川には近づかないようにして下さい。
そのほかの各地は、梅雨明けした中国・四国を含め、
今日このあと天気の急な変化に注意が必要。
午後はあちらこちらで雨や雷雨があり、ザッと強く降る所も。
特に、東北と関東甲信では、広い範囲で雨雲や雷雲が発達し、
非常に激しい雨の降る所もある見込みです。
明日の海の日も、大気の状態はやや不安定。
午後は山沿いを中心ににわか雨や雷雨の所も。
屋外でのレジャーは、空模様の急な変化にお気を付け下さい。

★降水確率は高め★

★降水確率は高め★

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング