暑中お見舞い申し上げます

tenki.jp / 2014年7月23日 7時51分

梅雨明けした九州から東海、関東の最高気温は33度前後と、真夏と呼ぶにふさわしい暑さ。熱中症対策は万全に。一方、梅雨明けしていない東北は大雨のおそれがあり、低い土地の浸水や道路の冠水などに注意を。

23日(水)の予想最高気温

23日(水)の予想最高気温


真夏の到来 最大限の熱中症対策を

今日は二十四節気の一つ「大暑」(たいしょ)ですが、平年値を見ても一年で最も気温が高くなるのが7月下旬から8月上旬。まさに今が真夏です。九州から関東は軒並み真夏日で、名古屋は35度など猛暑日となる所もあります。激しい運動は控え、涼しい場所で適度に休むなど熱中症には十分ご注意下さい。日傘や帽子などで直射日光を防ぐことも熱中症対策として有効です。


東北は大雨のおそれ 不快な暑さ

今朝は北海道にまとまった雨雲がかかっていますが、このあとは次第に南下。雨の中心は東北へと移ります。日本海側を中心に局地的に非常に激しい雨が降り、あすにかけて大雨となるおそれもあります。ただ、天気はぐずついても、暖かく湿った空気の影響で日中の気温は高め。湿気も多く、不快な暑さになりそうです。室内では除湿を心がけましょう。

23日(水)午前7時の雨雲の動き

23日(水)午前7時の雨雲の動き

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング