1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

12日 北と西で雨雲や雷雲が発達 沖縄の先島諸島は台風14号接近で大荒れ

tenki.jp / 2021年9月12日 7時55分

メイン画像

きょう12日(日)も、北海道や東北北部は大気の状態が不安定。急に強まる雨や落雷に注意。一方、九州や四国には前線に伴う活発な雨雲。沖縄の先島諸島には、非常に強い台風14号が接近。

12日(日) 各地の天気

きょう12日(日)も、北と西の地域ほど雨雲が発達しやすい状況です。
低気圧(上空に冷たい空気を伴っている)が北日本へ進んできます。この影響で、北海道や東北北部は大気の不安定な状態が続くでしょう。一方で、九州や四国付近には前線が延びます。また、非常に強い台風14号が北上中で、昼過ぎから夕方にかけて沖縄の先島諸島にかなり接近するでしょう。
【各地の天気】
北海道と東北北部は変わりやすい天気。晴れていても、ザッと雨の降ることがあるでしょう。日本海側を中心に、道路が川のようになるほどの激しい雨の降る所や、雷雨になる所もありそうです。
東北南部と北陸は、日中は大体晴れ。夜は局地的に雨雲が湧くでしょう。
関東甲信や東海、近畿、中国地方にかけても、日の差す時間はありそうです。ただ、午前を中心に所々で雨が降るでしょう。
四国と九州は雨が降ったりやんだり。太平洋側ほど雨の降る時間が長く、降り方も強まるでしょう。昼頃にかけては、雷を伴って激しく降る所もありそうです。
沖縄は次第に風が強まります。特に、与那国島など八重山地方では「昼過ぎから夕方」をピークに、電柱が倒れるほどの猛烈な風の吹く所があるでしょう。外出は極めて危険です。室内でも、窓からできるだけ離れるようにして下さい。高波や大雨にも厳重な警戒が必要です。

最高気温

画像B

北海道は、きのうと同じか低くなりそうです。日本海側やオホーツク海側は24℃~27℃くらいで、太平洋側は20℃前後の所が多いでしょう。
東北は28℃前後の予想。仙台をはじめ南部ではきのうより高く、暑さが戻るでしょう。
北陸や関東から西も広く25℃を超えます。日本海側を中心に30℃以上の真夏日の所もあり、湿度も高めで蒸し暑いでしょう。体調を崩さないよう、こまめな水分補給を心がけて下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング