1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

台風16号 27日には「猛烈な」勢力へ あす26日から沿岸部で影響か

tenki.jp / 2021年9月25日 17時52分

メイン画像

台風16号は急速に発達しながら北上中。27日(月)には一番上のランク「猛烈な」勢力に発達する予想です。沖縄など南西諸島は、あす26日(日)から波が次第に高くなり、27 日(月)はしける所も。また、西日本や東日本の太平洋側でも、うねりを伴った高波に注意が必要です。

あす26日から影響が出始める

台風16号は、25日9時に「強い」勢力となり、25日15時現在、フィリピンの東を1時間に15キロと自転車並みの速度で西北西に進んでいます。中心気圧は960hPa。中心付近の最大風速は40メートル。今後も、海面水温30℃くらいと、高い領域を北上するため急速に発達。あす26日15時には「非常に強い」勢力となり、27日(月)には、一番上のランクの「猛烈な」勢力となる予想です。28日(火)は中心気圧910hPaと台風としての最盛期となりそうです。
進路予想は、やや東よりとなり、30日(木)の予報円は直径880キロとだいぶ絞られてきましたが、まだ、進路を左右する高気圧の張り出しや、上空の強い風(偏西風)に乗るタイミングなどで進路に幅がある状況です。あす(26日)から南西諸島や西日本・東日本の沿岸部では、次第に影響が出るため注意が必要です。

台風の影響 波から始まり波で終わる

画像B

台風の影響は、波から始まり、波で終わると言われます。台風16号の北上に伴い、沖縄など南西諸島では、あす26日(日)から波が次第に高くなり、27 日(月)はしける所も。また、西日本や東日本の太平洋側でも、うねりを伴った高波に注意が必要です。

あす9月26日 台風襲来の特異日

画像C

あす9月26日は、大型台風襲来の特異日と言われています。過去、日本列島に大災害をもたらした、「洞爺丸台風」、「狩野川台風」、「伊勢湾台風」など、9月26日に列島に襲来しています。
あす9月26日、台風16号は「非常に強い」勢力となり、フィリピンの東をゆっくりと北上する予想です。沖縄は晴れて、最高気温は32℃前後。また九州も晴れて、所々で30℃以上の真夏日となり、水辺が恋しくなる残暑に。南西諸島や、西日本・東日本の沿岸部では、次第にうねりを伴い、波が高くなるため注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング