気温は西ほどウナギ上り

tenki.jp / 2014年7月29日 8時3分

昨日は北陸・東北で梅雨明けが発表。今日は土用の丑の日。最高気温は北日本は30度前後、東・西日本は軒並み真夏日とまさに夏本番。ただ、暑さの性質は違い、北・東日本より西日本のほうが不快な暑さです。

29日(火)の予想最高気温

29日(火)の予想最高気温


西日本は湿度高し 熱中症に厳重警戒

下の図は熱中症の危険度を表したものです。ざっくり分けると北・東日本は注意~警戒レベル、西日本は厳重警戒レベルです。東日本と西日本では気温に大きな違いがないのに、熱中症の危険度に差が出ているのはなぜか。それは湿気にあります。西日本のほうが湿気が多いため、同じ気温でも暑さを感じやすくなります。汗は蒸発するときに体の熱を奪いますが、空気中の湿気が多いほど汗が蒸発しにくく、体に熱がこもりやすくなるからです。西日本にお住まいの方は涼しい場所での休憩、適度な冷房の使用を特に心がけて下さい。一方、東・北日本は湿気が少なく、気温は高くてもしのぎやすいでしょう。

29日(火)の熱中症情報(WBGT値)

29日(火)の熱中症情報(WBGT値)


明日は東日本も蒸し暑い 西日本は広く雷雨のおそれ

明日は西日本だけでなく、東日本にも湿った空気が入りやすくなります。気温も今日と同じくらいまで上がる予想で、蒸し暑くなりそうです。湿気がたっぷりで、気温も上がるということは、それだけ夕立の可能性が高まります。西日本は広い範囲で雷雨のおそれがあり、東日本も山沿いを中心に雷雨となりそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング