西は大雨 東と北も不安定 週末の天気

tenki.jp / 2014年7月31日 23時3分

湿った空気がどんどん流れ込む週末。台風12号の影響で西は太平洋側を中心に大雨の恐れ。東と北も不安定で突然の雷雨の所も。湿気の多い不快な暑さにも悩まされます。週末のお出かけは空模様の変化に注意。

週末の天気

週末の天気


台風12号の影響 西日本では太平洋側を中心に大雨の恐れ

31日午後9時現在、台風12号は沖縄の西の海上を1時間に15キロの速さで北に進んでいます。1日にかけて沖縄や九州南部・奄美では非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒が必要です。また、海上では非常に強い風が吹き、大しけの状態が続く見込みです。高波にも警戒してください。
この台風12号は動きがゆっくりで、強風域が広いのが特徴。このあとも3日にかけて東シナ海を北上し、南からどんどん暖かく湿った空気を運ぶでしょう。
上の図にありますように、1日から3日にかけての週末は西日本では雲が多く、那覇では2日にかけて雨、福岡や高知も3日にかけて雨が続き、一時的に激しい雨の降る所があるでしょう。雷を伴うこともある見込みです。広島や大阪も雲が広がりやすく、雨の降る時間帯がありそうです。特に西日本の太平洋側では大雨の恐れがありますので、外でのレジャーや海のレジャーは控えたほうが良さそうです。


東から北でも大気の状態は不安定 急な激しい雨に警戒

週末は東日本や北日本では広い範囲で晴れ間がでます。ただ、日本の東海上へ移動した高気圧の縁をまわりこみ、東や北でも南から湿った空気がどんどん流れ込みます。晴れても、大気の状態は不安定です。強い日差しが照りつけて、気温の上がる午後を中心に、あちらこちらでにわか雨や雷雨がある見込みです。お出かけは天気の急な変化に注意して、雨具を用意しておかれたほうが良いでしょう。特に山や川のレジャーは、まめに雨雲の動きをチェックするなどして、天気予報を確認するようにしてください。
また、南からの暖かく湿った空気の影響は、雨だけではありません。
体にこたえるうだるような暑さも続きます。週末は、大阪では35度以上の猛暑日となる日があり、その他も広く30度以上の真夏日が続く見込みです。湿気がより暑さの体感を厳しくさせるでしょう。汗が蒸発しにくくなり、体に熱がこもりがちです。お出かけは暑さ対策も忘れずにしてください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング