台風11号 四国上陸へ

tenki.jp / 2014年8月9日 23時1分

台風11号が四国沖を北上しています。九州や四国、近畿、東海を中心に大雨となっており、三重県には大雨特別警報が発表されました。このあと、台風11号は四国・中国・近畿地方を通過し、10日(日曜日)の午後には日本海に抜ける見込みです。

9日22時30分の雲の様子

9日22時30分の雲の様子


四国沖を北上 各地で大雨

22時現在、強い台風11号は、足摺岬の南約50キロメートルにあり、北北東へ時速15キロメートルの速さで進んでいます。中心気圧は965hPa。中心付近の最大風速は35メートル。
三重県の白山(ハクサン)では日降水量が400ミリを超え、1979年の統計開始以来1位の値を更新しました。また、高知県の船戸(フナト)でも日降水量が400ミリを超えました。和歌山県の本宮(ホングウ)でも日降水量が400ミリ近くなっており、各地で大雨となっています。高知県清水(シミズ)では最大瞬間風速が38.2メートルと、風も強まっています。


10日午後には日本海へ

このあと、四国・中国・近畿地方を通過して、10日(日曜日)の午後には日本海に抜けるでしょう。台風の予想進路にあたる地域では雨・風がさらに強まる見込みです。大雨や暴風に対する厳重な警戒が必要です。また、大潮の期間ですので、高潮にも警戒してください。

22時の台風情報

22時の台風情報

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング