台風11号 今後の見通し

tenki.jp / 2014年8月10日 9時13分

全国のあちこちで滝のような雨。特に近畿は昼すぎまで、東海は夕方まで息苦しくなるような圧迫感のある降り方にトラックが横転するほどの暴風を伴う。明日は北海道も暴風。

台風11号情報

台風11号情報


各地の雨のピーク時間

予想される雨量は1時間に50ミリ以上。
あたり一面が水しぶきで白っぽくなるくらいの降り方です。
台風の進路に伴い、各地の非常に激しい雨のピーク時間が異なります。
●九州は雨のやむ所が多いですが、引き続き土砂災害などにご注意下さい。
●中国・四国は昼前まで。
●近畿は昼すぎまで。
●東海は夕方まで。
●関東は今夜はじめまで。
●東北は昼過ぎから明日の朝まで。
●北海道は今夜から明日の昼頃まで。
※近畿、東海は1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る恐れがあります。
(息苦しくなるような圧迫感のある降り方です)
土砂災害の危険、河川の氾濫の危険が高まっている所があります。
ピーク時間が過ぎても引き続き警戒してください。


風のピーク時間

予想される最大瞬間風速は35メートルから50メートル。
走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が根こそぎが倒れるほどの暴風です。
●九州、中国・四国は昼頃まで。
●近畿、東海、北陸は昼過ぎまで。
関東や東北も風が次第に強まり、風に向かって歩きにくくなる所があるでしょう。
※明日は北海道で暴風が吹く恐れがあります。


高波と高潮も引き続き警戒

波の高さが10メートル前後の猛烈なシケは昼頃までとなりそうですが、
その後も波の高い状態は続く見込みです。
大潮の時期で潮位が年間で最も高い時期です。
日中いっぱい海岸や河口付近の低地では浸水や冠水に警戒してください。

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング