4日ぶりの猛暑日 富士山の気温は一桁

tenki.jp / 2014年8月11日 15時50分

11日の関東甲信は4日ぶりの猛暑日となりましたが、12日は暑さは一段落。一方、8月11日は2016年から山の日。富士山頂の気温はお盆休みも一桁の日が多そうです。

8月11日(月) 関東甲信地方のアメダス(気温)

8月11日(月) 関東甲信地方のアメダス(気温)


猛暑は長続きせず

11日の関東甲信地方は、台風が運んだ暖かい空気の影響で、暑さが戻りました。
最高気温は、
群馬県館林市で35度5分、伊勢崎市は35度と、
全国でも4日ぶりの「猛暑日」になりました。
館林市の昨日の最高気温は28度5分なので、その差が約7度。
急な暑さは体に堪えそうですね。
東京は32度9分と、3日ぶりの「真夏日」になりました。
でも、この猛暑は続きません。
12日の最高気温は、30度前後の所が多い予想。
ただ、湿度が高いので、蒸し暑くなりそうです。
「湿度が高い」のも、熱中症にかかりやすくなる条件の一つです。
お盆休みも、熱中症には、十分ご注意下さい。

明日(12日) 関東甲信地方の予想最高最低気温

明日(12日) 関東甲信地方の予想最高最低気温


夏の富士山頂の気温は、冬の東京都心と同じくらい

そんな今日8月11日は、2016年からは「山の日」の祝日になります。
夏山シーズンに最適の季節ということで
涼しさを求めて山へ出かける方もいらっしゃることでしょう。
バスなどで行ける富士山5合目は「涼しい」ですが、
富士山山頂は「涼しい」を通り越して、「寒い」くらい。
富士山頂は
今日8月11日 15時までの最低気温は4度3分、最高気温は8度2分です。
昼間も気温は、一桁のままです。
平年の気温だと、
富士山頂の8月上旬~中旬の平均気温は、6度4分。
これは、1月上旬の東京大手町の平均気温と、大体同じなのです。
下記の富士山の予報をみても、
最低気温は5度前後で、最高気温は10度に届かない日もありそうです。
ふもとは暑さが厳しくても、
お盆休みに富士登山を計画している方は、フリースやカッパなどで、
寒さ対策をしっかりして、お出かけ下さい。
リンク先の「山の天気」も、こまめにチェックして下さいね。

富士山の週間天気

富士山の週間天気


話したくなる 富士山の記録

そんな富士山の気象は、特徴があります。
【風の強さ】
富士山頂で、これまで観測された最大瞬間風速は、1966年9月25日の91メートル(秒速)。
時速に直すと、約327.6キロですから、風速のすごさがわかると思います。
これは、全国で観測された記録の中でも、1位の値です。
富士山は独立した山なので、風をさえぎるものがありません。
登山の際は、寒さだけでなく、強風にも注意が必要です。

【初冠雪】
富士山の初冠雪は、地元の山梨県甲府地方気象台から観測しています。
夏が終わった後、甲府地方気象台から初めて山頂付近が積雪などで白く見えたときが
「初冠雪」となるのです。
(ちなみに、夏が終わったかどうかは、
1番高い最高気温が観測されたかどうかで判断されます。)
富士山の初冠雪は、平年ですと9月30日。
でも、最も早い記録は、2008年の8月9日でした。
この時は、山梨県甲府市では最高気温が35度9分と、猛暑日だったにもかかわらず、
上空には寒気が流れ込んできたので、大気の状態が不安定になりました。
そこで、雨雲や雷雲が発達し、
富士山頂にはヒョウが降り積もったため、山頂が白くなったのです。
まさに「猛暑がもたらした初冠雪」でした。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング