暑さが和らぐも一時的

tenki.jp / 2014年8月12日 22時54分

12日は関東地方の内陸や甲信地方を中心に日中も比較的しのぎやすくなりました。ただ、暑さが和らぐのも一時的。13日からは再び厳しい暑さとなり、体にこたえそうです。

12日(火) 14時のアメダス(気温)

12日(火) 14時のアメダス(気温)


11年ぶりに

12日は関東地方の内陸や甲信地方を中心に日中も比較的しのぎやすくなりました。前日の最高気温と比較をしますと、11日 最も気温が上がったのは群馬県館林の35度5分(全国1位)。そして12日の館林の最高気温はというと26度3分。10度近くも低くなりました。
12日 全国で一番気温が上がったのは、沖縄県大原と与那国島の33度4分。全国にみても暑さは少しトーンダウン。
8月上旬から中旬は、一年の中で最も暑い時期です。毎日全国のいずれかで、35度近い気温が記録されていますが、今年は今月9日に続いて、12日も全国の最も高い気温が34度を下回りました。8月上旬、中旬の期間中に、全国で最も高い気温が34度を下回ったのは、2003年8月16日 沖縄県西表島の33度7分以降、実に11年ぶりのことです。


13日 再び厳しい暑さ

13日は再び厳しい暑さとなりそうです。山梨県甲府では12日より最高気温が10度近く高くなるほか、関東地方の内陸や長野、大阪や名古屋も12日より5度以上高くなりそうです。
お盆の休みを利用して、屋外で過ごされる方も多いかと思います。日中の厳しい暑さに加えて、日によって気温の差が大きいときは、体調を崩しやすく、熱中症にかかるリスクも高くなります。こまめに水分や休憩をとるなど、万全な熱中症対策をなさって下さい。

13日(水)の予想最高最低気温

13日(水)の予想最高最低気温

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング