休み明け 本州上の前線いったん消滅

tenki.jp / 2014年8月17日 23時3分

盆休み明けと同時に太平洋高気圧が張り出し、本州上に延びる前線は一時的にお休み。18日は中国・四国から関東は広く晴れて蒸し暑くなるでしょう。九州や東北は湿った空気の影響で引き続き雨や雷雨に。

18日(月)予想天気図と全国の予報

18日(月)予想天気図と全国の予報


18日(月)は本州上の前線いったん消滅 中国・四国から関東は広く晴れ間

上の天気図をご覧ください。
18日は太平洋高気圧が東日本や北日本を中心に張り出し、
高気圧に押し上げられた前線は本州付近でいったん活動が弱まるでしょう。
これまで九州から関東方面に長く延びていた前線は一時的に途切れて、
18日は特に中国・四国、近畿、東海、北陸、関東で日差しが多くなります。
17日(日)に近畿や東海、北陸では非常に激しい雨が降りましたが、
そういった大気の非常に不安定な状態は17日遅くまで。
18日は広い範囲で強い日差しが照りつけるでしょう。
ただ、前線の活動が弱まっても日中の昇温と湿った空気が残る影響で、
急に雨雲や雷雲が発生することはあります。
ここ数日のような非常に激しい雨が降ることはありませんが、
午後はにわか雨や雷雨の所がありますので、念のため折りたたみ傘があると良いでしょう。
また、九州や東北では引き続き雨が降りやすくなります。
大陸から朝鮮半島付近に延びる前線に向かって暖湿流が入り、
九州では北部を中心に雨や雷雨となるでしょう。
東北も気圧の谷や湿りの影響で雲が多く、雨の降る所がある見込みです。
北海道や沖縄は晴れ間のでる所があるでしょう。


日差しと湿気で昼間は蒸し暑く!!

18日は晴れ間のでる地域では特に、体にこたえる蒸し暑さになるでしょう。
最高気温の予想をみますと、東京は33度、名古屋や大阪は34度、広島は32度。
気温の高さに湿気が加わり、不快な暑さになりそうです。
盆休み明けは前線の活動がいったん弱まり、広く晴れますが、
日の差す地域では蒸し暑さが増すでしょう。
もうしばらく、熱中症対策は忘れずにお過ごしください。

18日(月)全国の予想気温

18日(月)全国の予想気温

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング