札幌大通公園にも秋の気配

tenki.jp / 2014年8月18日 14時5分

7月18日から開催されていた札幌大通公園のビアガーデンも先週の金曜日(8月15日)で終了しました。
秋らしい雲の広がっている空の下では夏のイベントの撤去作業が行われています。

昨日(8月15日)の大通公園、ビアガーデン会場

昨日(8月15日)の大通公園、ビアガーデン会場

札幌も日中はしのぎやすい気温の日が増えて、朝晩は半袖では涼しく感じることも多くなってきています。
昨日の岡本予報士の記事にもあった通り、北海道ではお盆の時期を境に秋に向けて季節の歩みが加速しているのを感じるようになってきました。
札幌で最高気温が30度以上となる平年の日数は8日間ですが、今シーズンは既に12日の真夏日を観測しています。
しかし、この先1週間も厳しい暑さの日はなさそうです。

石狩地方(札幌)の10日間天気予報

石狩地方(札幌)の10日間天気予報

来月末は北海道の旭岳では平年だと初冠雪が観測されるような時期に入り、約3か月後には大通公園でホワイトイルミネーションのイベントが始まるなど、あっという間に秋から冬の装いへ景色が変化します。
季節の歩みは順調で、この先しばらくは過ごしやすい陽気の下、植物で彩られた大通公園の散策などを楽しめそうです。

花の時計台(大通公園)

花の時計台(大通公園)

花壇コンクール入賞作品(大通公園)

花壇コンクール入賞作品(大通公園)

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング