北海道 松前町に50年に1度の大雨

tenki.jp / 2014年8月22日 10時22分

北海道松前町の松前小島では、50年に一度の記録的な大雨となっています(函館地方気象台が22日9時34分発表)。北海道の渡島・檜山地方では、きょう昼前にかけて、非常に激しい雨の降る恐れがあります。また、きょうの午後は東北地方の広い範囲で大雨の恐れがあり、土砂災害や河川の増水・氾濫に警戒が必要です。

雨雲の様子

雨雲の様子

函館地方気象台によると、きょう9時34分現在、松前町の松前小島では、50年に一度の記録的な大雨となっています。松前小島は津軽海峡の西に位置する島です。
日本海を進む低気圧から温暖前線が東北地方北部に延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため大気の状態が非常に不安定になっています。
このため、渡島・檜山地方では、きょう昼前にかけて、非常に激しい雨の降る恐れがあります。土砂災害や河川の増水・はん濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。竜巻など激しい突風にも注意が必要です。
また、きょうの午後は東北地方の広い範囲で、非常に激しい雨の降る恐れがあり、土砂災害や河川の増水・氾濫、低い土地の浸水や落雷・竜巻などに警戒が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング