大気の状態不安定、いつまで

tenki.jp / 2014年8月24日 9時30分

今年の夏は安定した晴天が少ないと感じる方も多いのではないでしょうか。24日も、本州付近は局地的に雨雲が発達しやすい、大気の不安定な状態が続きます。この状況はいつまで続くのでしょうか。

午前6時の実況天気図(8月24日)

午前6時の実況天気図(8月24日)

上は24日午前6時の実況天気図で、西から前線が延びてきています。前線の南側には太平洋高気圧があり、西日本に前線が近づいているということは、太平洋高気圧の勢力が弱まっていることを意味します。
この先、木曜日ごろまでは西日本や本州の南岸付近に前線が停滞しやすく、九州から関東は雲が多く、雨の降る所もある見込みです。
そして、週末は北から上空5500~6000メートル付近に冷たい空気を伴った気圧の谷が通る見込みです。北陸から東北、北海道などで雨が降りやすくなるでしょう。
気温は30度に届かない所が多く、暑さは落ち着きますが、残念ながら今週も本州のどこかで不安定な状態が続きそうです。

10日間予報

10日間予報

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング