週末 雨の降る場所と時間は

tenki.jp / 2014年9月5日 16時19分

南から湿った空気が流れ込み、土曜も関東から西は太平洋側を中心に雨。日曜は関東で雨の降りやすい状態が続きそう。地方ごとに雨の降りやすい時間帯をまとめました。

雨の降りやすい時間

雨の降りやすい時間


週末も関東以西は雨具を

きょうは前線が日本列島に沿うように東進。活発な雨雲もゆっくり西から東へと移動しました。未明には京都府で猛烈な雨を観測。日中もあちらこちらで激しい雨が降りました。あす土曜は停滞前線が関東から九州にかけて延びて、本州付近には引き続き湿った空気が流れ込みます。太平洋側を中心に雨雲がかかるでしょう。日曜は関東周辺で雨の降りやすい状態が続きそうです。
【北海道】
土曜は、南西部は晴れ間が広がるでしょう。北部は昼ごろまで、東部は昼ごろから、雨の降る所がありそうです。日曜は、北部と東部も含めて日差しが届くでしょう。
【東北・北陸】
土曜・日曜ともに晴れる見込み。ただ、日曜は降水確率が30%~40%とやや高めです。
【関東甲信・東海】
土曜は、朝まで雨の所あり(主に関東の沿岸部)。日中は晴れ間が広がり、雨が降る可能性は低いです。ただ、夜になると雨の降りだす所が多く、沿岸部は雨脚の強まる所も。日曜は雨が降ったりやんだりで、お出かけは傘が必須。
【近畿・中国・四国】
土曜は、主に太平洋側で日中に雨が降りやすいでしょう。日曜は、日本海側を中心に晴れ間がありますが、太平洋側では、にわか雨の可能性も。
【九州】
土曜は、夕方にかけて雨の降る所があるでしょう。日曜は日差しが降り注ぎますが、念のため雨具があるとよさそう。
【沖縄】
土曜は、本島地方は昼前後に雨。日曜は晴れたり曇ったりでしょう。


猛烈な雨やムシ暑さの原因は「台風の卵の卵」

きょう、東京都心は最高気温が31度6分と12日ぶりに真夏日に。湿度も70%近くあり、かなり蒸し暑くなりました。天気図を見ますと、きょう12時現在、フィリピンの東海上には低気圧があります。この低気圧が、あす土曜には熱帯低気圧(台風の卵)に変わると見られます。この「台風の卵の卵」の周辺の湿った空気が、日本付近にある前線に向かって流れ込んでいるのです。京都での猛烈な雨や、都心の蒸し暑さなどは、この「台風の卵の卵」が原因のひとつといえるでしょう。
「台風の卵の卵」から変わる熱帯低気圧は、来週のはじめにかけて本州の南を東へ進む見込みです。今のところ、陸地から離れて進む予想ですが、発達具合や進路次第では太平洋側の天気に影響を及ぼす可能性もあります。今後の動きにご注目ください。

5日12時の実況天気図

5日12時の実況天気図

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング