土曜日 九州から関東 激しい雨の恐れ

tenki.jp / 2014年9月5日 22時52分

太平洋岸に前線が居座る土曜日。九州から関東にかけて大気の状態が不安定。九州は激しい雨、中国・四国から関東も突然の雷雨にみまわれそう。お出かけは天気の急な変化に注意。湿った空気に包まれ、蒸し暑くなるでしょう。

6日(土)の予想天気図

6日(土)の予想天気図


前線の動きはゆっくり 土曜日は九州から関東にかけて居座る

5日(金)は北海道の北にある低気圧から延びる前線が本州付近を通過。
京都府で記録的な雨を降らせるなど、広く大気の不安定な状態が続きました。
週末はこのまま前線が抜けてくれると良いのですが、動きはゆっくり。
上の予想天気図にもあるように6日(土)も停滞前線として九州から関東にかけて居座りそうです。
また、沖縄の南に目を向けますと熱帯低気圧があります。
熱帯低気圧の周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込みますので、
6日(土)も太平洋側を中心にあちらこちらで雨が降り、変わりやすい天気が続くでしょう。

6日(土)の全国の天気と気温

6日(土)の全国の天気と気温


九州は激しい雨の恐れも 中国・四国から関東も突然の雷雨に注意

6日(土)の全国の天気を見てみますと、九州から関東にかけて曇りや雨マーク。
九州では昼前から夕方頃にかけて雨が降り、雷を伴い激しく降る所があるでしょう。
四国は午後を中心に雷雨の所があり、ザッと雨脚の強まることがある見込み。
また、中国地方から近畿、東海、関東は晴れ間のでることもありますが、雲の広がりやすい天気です。
日差しがでて気温が上がると、より大気の状態が不安定になり、急に雨雲が発達することもあります。
突然の雷雨に注意してください。
関東は特に夕方以降に雨が降りやすくなるでしょう。
お出かけは雨具をお持ちください。
一方、日本海の高気圧に覆われる北陸から北は日差しが多くなる見込みです。
特に北陸や東北は雨の心配はほとんどなく、行楽日和でしょう。
北海道はにわか雨にご注意ください。
気温は、右の図にもありますように九州から東北南部にかけて30度前後まで上がる予想です。
曇りや雨でも気温は高めで、蒸し暑くなるでしょう。
6日(土)は九州から関東にかけて前線が居座ります。
九州は激しい雨、中国・四国から関東も突然の雷雨の所がありますので、
山のレジャーなど休日のお出かけは空模様の変化にご注意ください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング