関東 今夜遅くまで激しい雨に警戒を

tenki.jp / 2014年9月11日 17時21分

関東地方は大気の状態が非常に不安定になっています。いったん活発な雨雲が抜けた所も日付の替わる頃まで非常に激しい雨の降る恐れがあります。帰宅時間帯も警戒を。

関東付近は上空の寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。
午後5時現在、都心など、いったん雨雲が抜けて、晴れ間のでている所もありますが、
長野県や山梨県、栃木県、神奈川県の一部には活発な雨雲がかかっています。
長野県や山梨県には竜巻注意情報もだされました。
関東甲信地方はこのあとも大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
関東南部や長野県を中心に所々で活発な雨雲やカミナリ雲が発達する見込みです。
今夜遅く(日付の替わる頃)まで、
局地的に1時間に50ミリを超えるような非常に激しい雨の降る恐れがあります。
昨日も帰宅時間帯に東京の台東区付近で1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、
記録的短時間大雨情報が発表、浸水などの被害がでましたが、
今日の帰宅時間帯もまだ警戒が必要です。
局地的な大雨により、道路が冠水したり、
大雨や落雷などにより交通機関に影響の出る可能性もありますのでご注意下さい。
今夜は下記リンクの「雨雲レーダー」などで
活発な雨雲が近づかないかこまめに確認すると良いでしょう。
活発な雨雲やカミナリ雲が近づく場合は、竜巻などの激しい突風の恐れもありますので、
頑丈な建物の中に移動するようにして下さい。


明日以降、不安定は次第に解消へ

明日以降、大気の非常に不安定な状態は解消へ向かうでしょう。
明日はまだ上空の寒気は残るため、山沿いを中心ににわか雨の所がある見込みですが、
広い範囲で激しい雨の降ることはないでしょう。
土曜日から三連休という方も多いと思います。
土曜日から月曜日の敬老の日にかけては秋晴れとなり、お出かけ日和の所が多い見込みです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング