台風15号「カルマエギ」発生

tenki.jp / 2014年9月12日 17時5分

12日15時、フィリピンの東で、台風15号が発生。名前は北朝鮮が用意した「カルマエギ」で「かもめ」という意味です。名前の通り海上を進み、西へ進路をとる予想です。

12日15時、フィリピンの東で、熱帯低気圧が台風15号になりました。
中心気圧は 1000ヘクトパスカル、
中心付近の最大風速は 毎秒18メートル、
1時間に25キロの速さで、西へ進んでいます。
台風は、この後も、西よりに進む見込みで、今のところ、日本への直接の影響はなさそうです。
ただ、3連休で、フィリピンなどへお出かけの方は、
念のため、フライト時間などをご確認下さい。


9月は 台風シーズン真っ只中

今年の8月は、台風の発生数が1つだけと、平年より少なくなりましたが、
これで、9月に入っての台風の発生数は2。
平年だと、9月の台風の発生数は4.8ですから、
9月は、8月の5.9に次いで台風が発生しやすい月なのです。
ちなみに、去年9月の台風の発生数は7。
9月に台風が多く発生した年では、1967年や1966年の9という年もあります。

今回の台風は、日本から離れて進む予想ですが、
9月は台風シーズン真っ只中の時期ですので、
あすからの3連休に、今いちど防災グッズの点検をするなど、
備えをしておくのも良さそうです。


秋台風の特徴は

台風は、上空の風によって流されますが、
秋台風は、日本海南部まで南下した偏西風に流されるため「速度が速い」のが特徴です。
夏台風よりもかなり動きが速く、日本に近づく場合は、急に風が強まるなどの影響がでることがあります。
さらに、日本付近に秋雨前線があると、台風から湿った空気が流れ込むので、
秋雨前線の活動が活発になり、大雨になることもあります。
秋台風が、日本に接近すると予想されたら、早めの対策が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング