ノロノロ台風 西日本の影響は週の後半

tenki.jp / 2014年9月20日 9時30分

台風は南シナ海でほとんど停滞。沖縄近海は既に波が高いが、九州など西日本への影響は当初の予想より遅れて、来週の後半へずれ込みそう。関東など東日本への影響も心配。

台風16号進路予想図

台風16号進路予想図

台風16号は動きが非常に遅く、
きょう(20日)の午前6時現在、南シナ海でほとんど停滞しています。
このため、雨や風など各地への影響がずれ込みそうです。
沖縄では既に台風からのウネリが入り、波が高くなっています。
先島地方では次第に風が強まるでしょう。
あす(21日)にかけて予想される最大瞬間風速は35メートル。
(走行中のトラックが横転するほど、多くの樹木が倒れるほど)
強風、高波に警戒してください。
九州や中国、四国、近畿など西日本への影響は来週の後半(25日頃)になりそうです。
お彼岸にふるさとへ帰省されている方は交通機関への影響が心配です。
ただ、台風の進路や速度などによって、影響する地域、日時が大きくずれる可能性があります。
こまめに最新の気象情報を確認してください。
北陸や東海、関東など東日本にも影響が出る心配があります。
秋の行楽シーズンで、色々と計画を立てている方も多いと思います。
お出かけ先の天気なども確認しましょう。
台風の影響が出る前に、台風についてしっかり知っておくこと、
あるいは、万が一の時にどう行動するべきかなどを
いま一度、自分で(または家族みんなで)確認しておくことも良いでしょう。
以下のリンク先をご活用ください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング