元台風の低気圧 影響の予想される期間

tenki.jp / 2014年9月24日 15時38分

台風16号から変わった低気圧は東へ進み、25日に東北を通過する予想。西から北まで広い範囲で大気の状態が非常に不安定に。影響の予想される期間をまとめました。


台風から変わった低気圧 東北へ

台風16号は温帯低気圧に変わりましたが、油断はできません。
今後、速度を上げて東へ進み、
明日25日には東北地方を通過する見込みです。
低気圧に向かって、南から湿った空気が流れ込み、
明日にかけて広く大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
低気圧の動きは早く、影響がそれほど長引くことはありませんが、
南~南西斜面などで特に雨量が多くなる恐れがあり、大雨に警戒が必要です。


影響が予想される期間は?

上の図をご覧下さい。
各地の影響が予想される期間をまとめました。
四国や近畿はこれから明日の昼ごろまで、
東海や北陸も今夜から明日の昼前後まで、
関東は明日の未明から、
東北や北海道も明日の午前中を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
影響が予想される期間は
◆激しい雨が降ったり、局地的には非常に激しい雨の降る恐れがあります。
非常に激しい雨とは傘が全く役に立たないような降り方です。
道路が川のようになったり、都市部では地下街に雨水が流れ込む恐れがあります。
◆落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するようにしましょう。
下記リンクの雨雲レーダーなども参考になさって下さい。
◆沿岸部を中心に風も強まる予想。
沿岸部を中心に傘がさしづらかったり、交通機関に影響のでる恐れもあります。
特に、北陸や東北の海上では暴風が吹く恐れがありますので警戒が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング