台風静岡県に上陸 関東の雨風は昼まで

tenki.jp / 2014年10月6日 8時23分

台風18号は、6日8時すぎ静岡県浜松市付近に上陸。今年は7月に台風8号、8月に台風11号が上陸しており、これで今年の台風の上陸数は3と、平年の2.7を上回りました。

東海付近の雨雲の様子

東海付近の雨雲の様子

台風18号は、6日8時すぎ、静岡県浜松市付近に上陸しました。
これで、今年上陸した台風の数は、3つ。
平年の上陸数2.7を上回りました。
2013年と2012年の上陸数は、どちらも2つだったので、
年間に3つの台風が上陸したのは3年ぶりです。
また、静岡県への上陸も2011年9月の台風15号以来、3年ぶりです。
台風18号は、この後も速い速度で北東へ進む見込みです。
関東や東海では
昼頃にかけて、広い範囲で非常に激しい雨が降り、
局地的には1時間に80ミリから100ミリの猛烈な雨が降るでしょう。
また、東海では非常に強い風の吹いている所がありますが、
関東もこのあとは風が急激に強まり、
走行中のトラックが横転するくらいの暴風が吹き荒れる恐れがあります。
大雨や暴風に厳重な警戒が必要です。
台風が遠ざかった地域でも、吹き返しの風が強く吹くこともあるでしょう。
また、台風から離れていても、
活発な雨雲の下では竜巻のような激しい突風が吹くこともあるため、注意が必要です。
太平洋側では、高波にも警戒して下さい。
さらに、台風が近づく前から、前線の影響などで、太平洋側を中心に大雨になっています。
少しの雨でも、土砂災害や川の増水、氾濫が発生する恐れがあります。
雨が弱まっても、斜面や増水した川には、近づかないで下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング