台風18号 上陸の恐れ

tenki.jp / 2014年10月5日 21時24分

台風18号は紀伊半島にかなり接近。6日昼前にかけて東日本の太平洋側を進み、東海や関東甲信地方に上陸する恐れ。四国、近畿、東海、関東甲信、東北では大荒れの天気。大雨や暴風、高波に厳重に警戒を。


厳重に警戒を

台風18号は強い勢力を保って6日明け方に紀伊半島にかなり接近。6日昼前にかけて東日本の太平洋側を進んで、東海や関東甲信地方に上陸する恐れがあります。

四国・近畿は明け方にかけて
5日の夜遅くから立っていられないほどの猛烈な風が吹き、6日の明け方にかけて、局地的に猛烈な雨が降る恐れがあります。
5日18時から6日18時までの24時間雨量は、多い所で
四国
瀬戸内側 200ミリ
太平洋側 350ミリ
近畿
北部 250ミリ
中部 300ミリ
南部 350ミリの見込み。

東海・関東甲信・東北は昼頃まで
最も台風が接近する時間帯の予想です。
東海は未明から昼前
関東は朝から昼前
東北は昼前から夕方
5日18時から6日18時までの24時間雨量は、多い所で
三重・静岡  400ミリ
愛知・岐阜  250ミリ
伊豆諸島   300ミリ
関東甲信   250ミリの見込み。
台風の接近時には雨や風が急激に強まる見込みです。局地的に猛烈な雨が降り、大雨になる恐れがあります。大雨や暴風、高波に厳重に警戒をして下さい。
朝の通勤・通学の時間帯は交通機関が乱れるおそれがありますので、最新の台風情報をご確認下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング