関東の 紅葉狩りなら 平日に

tenki.jp / 2014年10月7日 14時30分

2014年の関東の紅葉は、例年並みか例年より1週間ほど早く色づいていて、標高の高い所はちょうど見ごろ。紅葉狩りは、台風19号が近づく3連休前の、平日がオススメ。


山はすでに見ごろ 最新の紅葉情報

8日の夜は、日本全国で皆既月食が見られますが、
皆既食中の月は真っ暗ではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。
でも、この時期、身近で赤くなるものといえば、紅葉ですね。
日本気象協会が、「今年の関東の紅葉の見ごろ」を予想しました。
関東地方の今年の紅葉は、例年並みか例年より1週間ほど早い見込みです。
紅葉の色づきには、「冷え込み」が重要ですが、
関東地方は今年9月は平年よりも低い気温となりました。
このため、紅葉の色づきは、例年よりも1週間から10日ほど早く、
草津や谷川岳の標高1500m付近は、すでに紅葉が見ごろを迎えています。
紅葉は、日中と朝晩との気温差が大きいと、より鮮やかに色づくとされています。
草津や奥日光、那須などでは、9月下旬は、朝晩の気温差が大きい日が多くなったことから、
鮮やかに色づく条件になったと考えられます。

◆10月7日現在 最新の紅葉情報◆
【谷川岳(谷川岳ロープウェイ)】
今は、山頂駅(天神平)周辺が見ごろ。
3連休あたりまでは、見ごろが続きそう。
山麓は、来週末に見ごろとなりそうです。
【草津(草津国際スキー場)】
現在、山麓駅の1500メートル~1800メートル付近が
見ごろです。
【尾瀬(片品村観光協会)】
今、まさに見ごろを迎えています。
見ごろは、例年よりも1週間ほど早く訪れました。
いつもの年よりも、色が鮮やかということですが、
紅葉を楽しめるのは、今週末までとなりそうです。
【中禅寺湖(日光観光協会)】
だんだん色づいてきています。
あと1週間しないうちに、見ごろを迎えそうです。
【塩原温泉(塩原観光協会】
まだ、緑も目立ちますが、色合いが変わってきました。
いつもの年よりも早めの紅葉となっています。
【榛名山(高崎市役所榛名支所 産業観光課)】
色づき始めの段階で、部分的に紅葉してきました。
例年より10日くらい早く、紅葉が進んでいます。


台風19号の前に 山の紅葉を楽しんで

ただ、気になるのが、台風による強い風と大雨。
風が吹き荒れたり、雨が勢いよく降ることで、
せっかく色づいた紅葉の葉が落ちてしまうのです。
先日、台風18号が関東地方を通過したことによって、
草津など、標高の高い所では、すでに葉が落ちてしまった所もあります。
そして、早くも次の台風19号が、日本に近づいてきています。

台風19号は、今のところ、日本の南を北上しながら、西日本に近づく見込みです。
関東では、台風が近づく前から、湿った空気の影響で、
また、大雨になる恐れもあります。
暴風や大雨の影響を受けないうちに、紅葉を楽しみたいもの。
標高の高い所の紅葉を楽しむなら、今週の平日のうちに、お出かけ下さい。


都心などの紅葉は 例年通り

一方、関東の平野部で、紅葉が楽しめるのは、例年ですと11月。
今年の11月の気温は概ね平年並みに経過するため、朝晩は冷え込む日が多くなるでしょう。
東京都心などでは、例年通り11月下旬に紅葉の見ごろとなる見込みです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング