関東、東海、北陸は雨が残る 23日

tenki.jp / 2014年10月22日 23時16分

22日(水)は前線や低気圧の影響で、九州から東北南部にかけて広い範囲で雨が降りました。23日(木)は、関東と東海、北陸では雨が残りますが、そのほかの各地は晴れる所が多いでしょう。

23日の天気マーク

23日の天気マーク


広く晴れるが、関東と東海、北陸は雨

23日(木)は、前線や低気圧が本州から次第に離れる見込みです。
この前線や低気圧の影響を受ける関東や東海、北陸では雨の降る所が多いでしょう。
関東は日中いっぱい雨の降る所が多く、降ったりやんだりとなりそうです。
雨具が欠かせません。
東海は昼頃まで雨となるでしょう。
北陸も昼頃まで雨の降る所がありそうです。
一方、北海道と東北、近畿から九州、沖縄は広く晴れる見込みです。

23日9時の予想天気図

23日9時の予想天気図


23日(木)は「霜降」 北日本は朝冷える

23日(木)は二十四節気の「霜降」です。
霜がおりやすいのは高気圧に覆われて、穏やかに晴れるとき。
23日(木)の朝は北海道や東北では、この秋一番冷える所がありそうです。
日中の最高気温は、北海道と東北は平年並みかやや低め、近畿から九州、沖縄は平年並みでしょう。
雨が降る関東、東海、北陸は平年より低い所が多く、特に関東は昼間でも寒いくらいです。
暖かい服装を選んでお出かけください。

23日の予想気温

23日の予想気温

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング