連休初日 局地的な激しい雨に注意

tenki.jp / 2014年11月1日 8時6分

東海以西は活発な雨雲がかかりやすく局地的に雷を伴った激しい雨が降る。湿った空気は蒸し暑さももたらし、西日本はムシムシ。一方、東日本と北日本は上着がないと肌寒い。

雨雲の様子(気象レーダー)

雨雲の様子(気象レーダー)


日中は沖縄から東北まで広く雨具が必要

連休初日(11月の初日でもありますね)は広い範囲で雨となっています。
①九州や四国付近に前線が延びています。
②日本海に低気圧が発生しています。
③雨雲のもとになる湿った空気が全国広い範囲に流れ込んでいます。
④北海道は高気圧に覆われています。

きょうの日中に雨が降る範囲は沖縄から東北までです。
局地的に雷を伴った激しい雨が降るでしょう。
今朝は鹿児島県や宮崎県など九州南部で土砂降りの雨となっています。
日中も太平洋側の地域ほど活発な雨雲がかかりやすいため、注意が必要です。
なお、北海道は高気圧に覆われて、日中は晴れますが、
②の低気圧が発達しながら近づくため、天気は下り坂です。夜には雨が降り出すでしょう。
お帰りが遅くなる方は雨具を持ってお出かけ下さい。


西はムシムシ、東と北は肌寒い

雨雲を発達させる湿った空気は、蒸し暑さももたらします。
最高気温は鹿児島25度、宮崎26度と夏日予想です。
沖縄と九州南部は蒸し暑く感じられるでしょう。
九州北部、中国、四国、近畿は22度前後の予想で、少しムシムシと感じられそうです。
一方・・・
東海から東北にかけては18度前後の予想です。
長い時間、雨が降るため、実際の気温よりも肌寒く感じられるでしょう。
北海道は15度くらいの予想です。北海道でこの気温は平年よりも高く、
日中は晴れるため、日差しが暖かく感じられるでしょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング