3か月予報 東日本以西は暖冬傾向

tenki.jp / 2014年11月25日 23時25分

間もなく12月を迎えます。北日本の日本海側は早くも大雪になった日がありました。今年の冬はどうなるのでしょうか。25日発表の最新の3か月予報をお伝えします。

<3か月予報 気温>

<3か月予報 気温>


◆東日本と西日本は寒気の南下が弱く、暖冬傾向

12月~2月にかけての気温は・・・
北日本は平年並みで、寒さが厳しいでしょう。
東日本と西日本、沖縄・奄美は平年並みか高い見込みです。
東日本以西は暖冬傾向になりそうです。

<降水量の傾向>

<降水量の傾向>


◆北日本の日本海側は雪の日が多い

【北海道・東北】
北日本は12月、1月、2月ともに寒気の南下が強く、冬型の気圧配置が現れやすいでしょう。
日本海側は平年と同様に曇りや雪または雨の日が多い見込みです。
日本海側は山沿いを中心に大雪に注意が必要です。
太平洋側は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。


◆関東以西の太平洋側は低気圧の影響を受けやすい

【関東~九州】
東日本の日本海側は12月~2月にかけて冬型の気圧配置が長続きせず、
平年に比べて曇りや雨または雪の日が少ないでしょう。
西日本の日本海側は
12月は平年に比べて低気圧の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨または雪の日が多い見込みです。
1月~2月は平年と同様に、曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
東日本と西日本の日本海側の降雪量は平年並みか少ないため、スキー場などでは雪不足が心配されます。
一方、太平洋側です。
東日本は12月は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
1月~2月は低気圧の影響を受けやすく、平年に比べて晴れの日が少ない見込みです。
西日本の太平洋側も低気圧の影響を受けやすく、平年に比べて晴れの日が少ないでしょう。
関東以西の太平洋側は1月と2月は大雪になる日があるかもしれません。

【沖縄・奄美】
12月は平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みです。
1月~2月は低気圧の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多いでしょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング