2015年 春の花粉飛散予測 発表

tenki.jp / 2014年12月3日 22時48分

2014年12月3日 日本気象協会は全国・都道府県別 2015年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第2報)を発表しました。今シーズンの花粉対策に向けてお役立て下さい。


飛散開始予測

【九州から関東】
2015年の1月から2月の気温は九州から関東では平年並みか平年より高くなる予想です。この時期に気温が平年より高いと、スギ花粉の飛散開始は早くなる傾向にあります。このため、スギ花粉の飛散開始は例年より早く、2月上旬に花粉シーズンが始まる見込みです。
上図 花粉前線の数字は月日です。
オレンジ色の九州北部や四国、東海の一部は2月5日ごろ。
黄色の地域は2月10日前後の飛散開始予測です。
飛散開始とは1平方センチメートルあたり、1個以上のスギ花粉を2日以上連続して観測した場合の最初の日となります。スギ花粉は飛散開始が認められる前から、わずかな量が飛び始めますので、1月の下旬ごろにはマスクなど花粉対策を始めるとよいでしょう。
【東北】
今年も残り1ヶ月を切りました。12月3日は強い冬型の気圧配置が続き、東北や北海道では雪の降る量が増えました。二十四節気の「大雪(たいせつ)」を前に、宮城県駒ノ湯(コマノユ)では午後7時に積雪が1メートルを超えました。昨年の冬に初めて1メートを超えたのは12月8日青森県酸ヶ湯(スカユ)でした。
このまま、平年を下回る寒さが続く心配がありますが、2015年の1月から2月の気温は平年並みの見込みです。このため、スギ花粉の飛散開始は平年並みでしょう。


花粉の飛ぶ数(例年比)

2015年春のスギ及びヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は
九州から近畿にかけては、ほとんどの所で例年より「少ない」または「やや少ない」でしょう。
東海から東北は「例年並み」の見込みです。
北海道は例年より「やや多く」なるでしょう。
ただ、今年(2014年)の花粉の飛散数が少なかった北陸・関東甲信・東北では、2015年春の飛散数は2014年の2倍以上になる見込みです。
一方、九州、四国では飛散数は2014年に比べて「非常に少なく」、福岡では3分の1になりそうです。

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング