例年より早い 寒波やインフルエンザ

tenki.jp / 2014年12月5日 15時44分

例年より早くインフルエンザが流行シーズン入り。今年は寒波の到来も例年より早くなっています。特に6日(土)は年に何度もない強さの寒気が入り、6日から7日朝は寒さの底に。日本海側は大雪に、全国的に寒さに注意が必要です。


北陸や西日本の日本海側 大雪の恐れ

今日、インフルエンザが流行シーズン入りしたとの発表がありました。
11月24日~30日の1週間(48週)に流行開始の目安を上回り、流行シーズン入りに。
2010年以降では最も早いシーズン入りです。
今週は例年より早く寒波も到来しました。今週は本格的な冬の寒さとなっています。
明日6日(土)にかけてはさらに強い寒気(年に何度もないレベル)が流れ込むでしょう。
6日(土)も北海道から九州にかけて、日本海側は広く雪が降る見込みです。
特に、若狭湾付近で風がぶつかるため、雪雲が発達し、
北陸から山陰、九州北部を中心に雪が強く降り、大雪の恐れがあります。
交通機関への影響に注意が必要です。
太平洋側も雪雲や雨雲の流れ込む所があるでしょう。
東海から四国の平地でも雪が降り、積もる所もある見込みです。
車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。
7日(日)は西から冬型の気圧配置は緩みますが、
北陸以北の日本海側では雪が続き、さらに積雪が増える恐れがあります。


寒さの底は6日から7日朝

6日(土)、7日(日)も全国的に本格的な冬の寒さが続くでしょう。
今回の寒さの底は6日(土)から7日(日)の朝にかけてとなりそうです。
6日(土)の日中は北海道は札幌など所々で氷点下の予想で、真冬日に。
関東以西も10度くらいまでしか上がらないでしょう。
名古屋は6度と昼間も震えるような寒さとなりそうです。
7日(日)の朝は最低気温が氷点下の地点は全国のアメダス地点の7割近くにのぼるでしょう。
東京の最低気温は2度の予想で、真冬並みの冷え込みとなりそうです。
日中は西日本では少し寒さが和らぎますが、それでも平年を下回る寒さの所が多いでしょう。
関東から北海道は土曜日と同じくらいの気温で経過する所が多い見込みです。
この土日は寒さが増し、太平洋側を中心に空気も乾燥するでしょう。
手洗いやうがいを心がけて、インフルエンザへの予防をしっかりとなさって下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング