冬の嵐続く 太平洋側も大雪

tenki.jp / 2014年12月18日 8時21分

きょうも全国的に荒れ模様で、北陸以北は冬の嵐が続きます。猛吹雪や吹き溜まりによる交通機関の乱れに警戒。太平洋側も大雪となっていて、名古屋では一晩で20センチ以上の雪が積もりました。


名古屋 2005年12月以来の大雪に

北陸以北はすでに大雪となっていますが、名古屋でも記録的な大雪となりました。雪雲が若狭湾から関ヶ原を通って流れ込み続けたためです(下図)。名古屋では朝6時に2005年12月以来となる積雪23センチを観測しました。すでに降り方のピークは過ぎつつありますが、これまでの雪で路面の状態は不安定になっています。無理な運転は控え、足もとも十分ご注意下さい。


あすは雪・風おさまるも、土日はまたも荒れ模様

あすは冬型の気圧配置が緩んできます。寒気の影響が弱まり、九州から関東は日本海側も含め、広く晴れるでしょう。北陸から北も午後には雪のやむ所がほとんどです。風もおさまってきます。ただ、このまま一気に天気回復とはいきません。土曜日は早くも低気圧が西から近づき、日曜日にかけて北日本を中心に再び荒れた天気となりそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング