29日 関東内陸部積雪の恐れ

tenki.jp / 2014年12月27日 23時12分

28日の夜に四国の南で前線を伴った低気圧が発生。29日は本州南岸を東へ進み、関東内陸部では明け方を中心に積雪の恐れ。積雪による交通傷害や路面凍結に注意して下さい。

28日 高気圧の中心は日本の東へ移動
関東地方は日中は晴れて、大掃除やお正月に向けての準備も、はかどるでしょう。ただ、洗車のタイミングはまだ早いです。28日いっぱい雨や雪の降ることはありませんが、天気は下り坂です。
29日 前線を伴った低気圧が本州の南岸を東へ
関東地方は雲に覆われ、明け方から広く降水が予想されています。南部では冷たい雨が降るでしょう。最低気温 東京は2度。熊谷は0度の予想です。寒気が残っている所に低気圧が通過しますので、雪が混じることもあるでしょう。雨か雪かギリギリのラインです。お出かけ前には気象情報をご確認下さい。一方、北部では広く雪雲がかかる見込みです。宇都宮や水戸、前橋など平野部でも雨ではなく雪が降り、積雪となる恐れがあります。
雪や雨で路面が滑りやすくなりますので、車で旅行を予定されている方はスリップ事故などに注意が必要です。特に関越道や東北道などを利用して北部へ行かれる方、交通情報を確認してから目的地へ向かって下さい。
※低気圧の発達具合によって大雪になる可能性があります。また、進路によっては雪の降る範囲が広がる恐れもあります。お出かけ前は日直予報士も合わせて確認しましょう。

30日 本州の南岸を進む低気圧は東の海上へ離れ、日本付近は弱い冬型の気圧配置に
関東地方は天気が回復して、広く冬晴れになるでしょう。30日以降は晴れの天気が続きます。洗車のタイミングは30日か31日が良さそうです。
気温を見ますと、雪や雨の降る29日は日中もなかなか上がりません。宇都宮や東京は5度、そのほかの地域も10度に届かない所が多く、厳しい寒さでしょう。年内の寒さの底は29日ですが、年が明けると早々に強い寒気が流れ込みます。体にこたえる寒さが続くため、体調を崩して寝正月にならないようお気をつけ下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング