北陸や長野でドカ雪 3日まで寒波滞在

tenki.jp / 2015年1月1日 11時14分

北陸や長野を中心に雪が強まっています。多い所では昨夜から積雪が50センチ以上も増加。このあと活発な雪雲は近畿北部や山陰にかかってきます。大雪に引き続き警戒です。今回の寒波は3日まで続くでしょう。

けさの雲画像を見ると日本海には寒気によるスジ状の雲がビッシリです。特に黒線で囲った部分は西寄りと北寄りの風が収束し、雪雲がライン状に発達しています。昨夜から今朝にかけて、この雪雲がかかる北陸や長野で一気に雪の量が増えました。このあとライン状の雪雲は西へ移動。午後の大雪の中心は近畿北部から山陰へと移ります。あすは再び北陸を中心に雪の降り方が強まるでしょう。寒気の影響は3日まで続き、積雪がさらに増えそうです。引き続き大雪に警戒して下さい。


東海以西の太平洋側も積雪

北日本や日本海側だけでなく、東海から西の太平洋側でも所々で雪が降るでしょう。都市部でも積雪となる所があり、東海や四国は平地でも大雪のおそれがあります。交通機関の乱れを考え、電車やバスなどの運行情報をしっかりと確認して下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング